シーエムアール【山梨県・ローコスト建築】 一級建築士事務所
H O M E
 ごあいさつ
 CM方式とは
 CM方式の流れ
 見積もりサンプル
 レンガ造りの家
 風 家
 ブログ
 お問い合わせ
 会社案内













C M 方 式 と は 

一般の人にはあまり聞きなれない、コンストラクションマネージャー(CM方式)ですが、
これは住宅建築をするときに元請業者(ハウスメーカーとか工務店)を通さずに、元請業者の下請けの各専門工業者(つまりは設計・施工・水道工事・ガス工事などなど)に、建築主(お客様)が直接契約を結ぶ『分離発注方式』のことを言います。ですから中間マージンをカットできるのです。簡単に言うと「原価で建てる家」ということです。では、具体的にCM方式のメリットはどんな事でしょう。

C M 方 式 の メ リ ッ ト
1. より良い家をより安く 外装・内装・デザイン・機能のまったく同じ家を、元請業者を通して立てるのと、コンストラクションマネージャーに依頼するのとでは、コンストラクションマネージャー(CM方式)依頼の方が格段にお安くなります。CM管理費用を入れても1割〜2割もお安く建てることができます。
2. 建築主の目線で コンストラクションマネージャーは常に建築主の強い見方!
建築主の意向が建物に反映されます。
3. 契約は 建築主が工事業者と直接契約します。だからこそ価格が透明なのです。コンストラクションマネージャーが、建築主の工事業者への支払いを請け負うことはありません。契約も支払いもすべて建築主と工事業者で行ないます。
4. コンストラクション
マネージャーの仕事は?
では、コンストラクションマネージャーの仕事はというと、まず建築主の意向にあった各専門の工事業者を決定し、その工事業者との交渉はすべて行ないます。もちろん、コンストラクションマネージャーは、建築主の見方ですから建築に関する希望や不安な事など何でも相談でき、意向を各専門工事業者に伝えます。また、建設業のプロですから、色々とアドバイスもします。建築主の立場に立って施工を進めていくのです。マージンはCM管理費用を建築主からいただきます。ただし、この費用を入れても1〜2割お安く家を建てることができます。

CM方式の良いところをお話してきましたが、ではデメリットはまったくないかというとそうではありません。具体的なデメリットをお話しますが、それを差し引いてもCM方式というのは、はるかに『賢い家造り』といえます。

C M 方 式 の デ メ リ ッ ト
1. 建設主と専門工事業者
との個々の契約の手間
各専門工事業者と契約しなければなりませんので、契約が複数回に渡って行なわなければならない、という手間がかかります。でもコンストラクションマネージャーがサポート!契約までの細かい作業はコンストラクションマネージャーが代行いたします。
2. 工事金額のすべては個々の工事が完了後
確定
それぞれの専門工事が終了すると金額が確定します。もちろん事前に見積りを取って作業を開始、その都度追加料金等が発生した場合はコンストラクションマネージャーと相談しながら進めて行くので、それほど心配することはありません。
3. コンストラクションマネージャーの采配により
建物の出来、不出来が左右される
ここが一番大切なところ。一級建築士須山直利は、永年建築業に携わってきたスキルがあります。多くの人に喜ばれたそのスキルを充分に発揮し、最高の家造りに万進いたします。もちろんアフターケアーもお任せください。建築主の立場に立って、各業者との橋渡しをいたします。

実はこのCM方式、欧米では当然のように用いられています。日本のように不透明なお金の流れを透明に、するばかりでなく不安などを解消して楽しく家作りをするお手伝いをします。

ところが、シーエムアール一級建築士事務所の良いところはCM方式だけにとどまらないのです。



コンストラクションマネージャー シーエムアール一級建築士事務所の特徴

シーエムアール一級建築士事務所の特徴は、『輸入住宅の専門家』!建築資材や機具・サニタリーやキッチンなど水周りの製品など、とにかく品質の良いものを安く、建築主のニーズにあわせて輸入することができます。その素材を使ってCM方式で家を建てる。これが『より良い家を、より安く、その上もっと安く』という構図が出来上がるのです。


Copyright(C) CMR first class authorized architect office ( Yamanashi-Japan ) All Rights Reserved