木夢についてヘッダ

暮らしを豊かにするチカラ

工房木夢は、吉野崇裕が主催する工房です。
吉野の作る家具は、ただの手作り家具とはちょっと違います。工房木夢がお届けする家具には、不思議な力が宿っているのです。
いつの間にか家族や友人が集まるテーブル、ついつい長居をしたくなる椅子、自然の息吹が部屋に流れ込む花活け、灯しただけで、いつもの部屋を別の空間にしてしまうあかりetc。
そんな、人の暮らしを豊かにする、あらゆるモノを制作しています。

COMな仕事、COMな家具

工房木夢(こむ)とは、
「自分達の夢を木を通して実現したい」「木の持っている夢を実現したい」「お客様とのコミュニケーション(COMMUNICATION )を大切にしたい」「満足、快適(COMFORTABLE )を呼ぶものを提供したい」「完全、完璧(COMPLETE )なものをつくりたい」という思いを込めています。

吉野作業中

吉野崇裕のプロフィール
1958 年生まれ。立教大学卒業後、都立品川訓練校で木工の基礎を学ぶ。洋家具作家林二郎氏、伝統工芸作家に師事。その後独立して工房木夢を設立。公募展では、日本伝統工芸展、伝統工芸新作展、伝統工芸木竹展、日本クラフト展、クラフトコンペ高岡などで入選を果たしている。自然との出合いの中で、エコロジカルアートを追求。


おすすめの作品
作品紹介
原木からの
オーダー
木夢について
工房だより
お問い合わせ・
所在地
トップ