椅子ヘッダ
 

タクトチェアー
ホンジュラスマホガニー

マホガニーは、「マホガニー家具の時代」という時期があるくらい、ヨーロッパでは古くから銘木として親しまれてきました。柔らかな赤みのかかった木肌は、月日を重ねるごとに美しさを増していきます。この椅子は、成形合板という方法を用い、強く軽く仕上げています。
指揮者が指揮棒(タクト)を振っているように見える背もたれの形状が、名前の由来です。

ふわっとベンチ
レッドシダー

ふわっとした座り心地と軽さを追求したベンチです。大きさの割には軽く、女性でも簡単に動かせます。手触りの優しさも自慢です。

イージーチェアー
山桜・ペーパーコード

デンマーク製のペーパーコードを使い、どこから見てもきれいに収まるように作りました。フレームは山桜。あまり家具には使われませんが、使い込むほどに色つやが増してくるすばらしい素材です。
包み込まれるようなゆったりした掛け心地は、読書などのくつろぎの時間を過ごすのにぴったりです。

シェーズ・ロング
ケヤキ・ブビンガ

ケヤキの厚板を体の曲線に合わせて削り出した寝椅子です。薄く仕上げてあるため、木の弾力が、自然でほどよいクッションとなっています。無垢の木のよさを全身で楽しめる椅子と言えるでしょう。
本体は簡単に分解でき、持ち運びも容易です。

ロッキングチェアー
ナラ・皮革

すべての接合部分を後から削り出したこのロッキングチェアーは、吉野の椅子の中でも、もっとも彫刻的な作品です。もたれかかったときに背中を支えるやわらかな曲線と、ひじ掛けの心地よさが、ゆったりした時間を演出してくれます。

椅子の善し悪しは、からだのコンディションに大きな影響を与えます。木夢では、椅子を「良い姿勢を保つ補助具」ととらえ、背もたれ、座板、全体の構造をゼロから考えなおしました。楽に座れ、かつ木の温もりに触れられる椅子を、ぜひ一度体験して下さい。