《平成19年11月1日登録開始!!》


  このシステムは、聞こえない、聞こえにくい、話しにくいなどの理由で、 電話による119番通報が困難な方を対象に、携帯電話やパソコンの電子メールを利用して緊急通報を行い、 消防車や救急車の要請ができるシステムです。
  なお、ファックスによる緊急通報(詳細はこちら)は、従来どおり住所・氏名・状況等を記入のうえ、 「119番」をダイヤルし送信してください。



  富士五湖消防本部管内に居住されている聴覚又は言語、音声などに機能障害をお持ちの方で、身体障害者手帳の交付を受けている方。
  ただし、利用条件及び注意事項について承諾していただく必要があります。




  富士吉田市・西桂町・忍野村・山中湖村・富士河口湖町・鳴沢村




  ◆上記の利用対象者で利用範囲における消防車や救急車の出動要請に限り利用することができます。
  ◆本システムは、他の手段により緊急通報することができない場合の補助的な手段です。
  ◆本システムは、登録制としていますので、事前の登録が必要です。
  ◆メール利用料については、利用者の負担となります。





  ◆「メール119利用申込書」に必要事項を記載して、提出してください。

  〔申込書の配布及び提出先〕
  ・富士五湖消防本部指令課、富士吉田署・河口湖署・各出張所及び分遣所
  ・管内市町村保健福祉課
  ・申込書ダウンロード → 「メール119利用申込届出書
  ・郵送される場合は次の宛先へ送付してください。
    〒403-8599 富士吉田市下吉田1896番地
              富士五湖消防本部 指令課
 
申込書受付開始日

  平成19年11月1日(木) _
 





 利用申込み後、消防本部から登録者の方へ、119番通報用の専用アドレスをメールでお知らせします。
 迷惑メールなどの受信防止の着信拒否設定をされている場合は、登録完了送信メールが届きませんので、 利用する際には、着信拒否設定を解除してから手続きを行ってください。
 メール119番通報は、一般の電子メールサービスを使用しますので、 届くのに時間がかかったり、届かないことがあります。
 登録されたアドレス以外からの通報は受信できません。
 メール119番通報専用のメールアドレスは、他に漏らさないでください。 また、緊急通報専用のため、問い合わせ等には使用しないでください。
 メール119番通報後、消防本部から「救急車が出動しました」などの返信メールを送信します。 送信メールが届かない場合は、直ちに近くの人に助けを求めるなどの手段で通報してください。
 メール119番通報した後は、身の安全を守るほかは、ビルの中に 移動したりすると返信メールが 届かないことがありますので注意してください。またこの時、携帯電話の電源は切らないでください。
 メール119番のメールアドレスは、すぐに使用できるように、 あらかじめ携帯電話やパソコンのアドレス帳に登録しておいてください。
 緊急通報にそなえて、「通報メール文」を速やかに送信できるように、通報例文を作成し保存しておいてください。
 アドレスに変更が生じた場合や転出等により利用を止める時は、すみやかに変更・抹消申込書を提出してください。












メール119通報要領

メール119利用申込書を提出後、消防本部から送付されてくる
「メール119通報用アドレス」  (○○○○○○@mfi.or.jp)
を、 あなたの携帯電話・パソコンに登録しておいてください。


【通報手順1】  メールを作成する画面を表示し、あて先に上記メール119通報用アドレスを表示させます。
【通報手順2】  題名または本文に『救急』『火災』などの災害種別を入力します。
【通報手順3】
 本文に以下の事項を入力し、送信してください。
 なお、ひらがな、カタカナだけの入力でも結構です。
 救急、火災等の種別 (題名で入力した場合は不要)
 救急車や消防車が必要な場所(住所)
 ※登録している住所の場合は、 「自宅」と入力する。
 外出先の場合は、その場所の目標物 (学校、交差点、公園、マンション、ビル、バス停、看板等)などを具体的に入力してください。
 どこが痛いなどの症状または災害状況を入力してください。

  あなたからのメール119通報内容を確認後、救急車や消防車を出動させます。
  あなたのいる場所に出動したことをメールで送信します。
  そのメールを受信したら、安全な所で到着を待ってください。

□■□救急の通報メール例□■□      □■□火災の通報メール例□■□
    
問合わせ先 富士五湖消防本部 指令課
電話0555−22−0119
FAX0555−24−4420
Eメール