飛沫防止用シートに係る火災予防上の留意事項について 

新型コロナウイルス感染症の飛沫感染防止対策として、レジカウンター等への飛沫防止用のシートの設置が増えています。

シートの材質によっては、着火・燃焼しやすいものがあることから、以下の点に注意してください。


      1 火気使用設備・器具、白熱電球等の熱源となるものから距離をとること。

      2 スプリンクラー設備の散水障害が生じない位置に設置するとともに、
        自動火災報知設備の感知器の未警戒部分が生じないようにすること。

      3 避難の支障とならないよう設置すること。

      4 必要に応じて難燃性又は不燃性のものの使用を検討すること。


           動画 : 飛沫防止用シート燃焼比較実験


・不明な点は、管轄する消防署までお問い合わせください。

   富士五湖消防本部
      予防課     п@0555-22-4501    富士吉田消防署  0555-23-0119    河口湖消防署   0555-72-0119