全国消防救助技術大会 富士五湖消防本部の活躍



   平成28年8月24日(水)に愛媛県松山市において、全国消防救助技術大会が開催されました。
   富士五湖消防本部からは2名の職員が出場し、両名共に全国1位のタイムで入賞という華々しい   成績を収めました。   

    

   【ロープブリッジ渡過】 全国1位  渡 辺 和 幸 消防士長

        

       出場人数  51人中1位   所要タイム  17.3秒

 
  【はしご登はん】  全国1位   渡 辺 信 嘉  消防士    
         

       出場人数  51人中1位   所要タイム  14.0秒  




   全国消防救助技術大会とは

   全国9地区733消防本部(北海道、東北、関東、東海、東近畿、近畿、中国、四国、九州)から選抜された精鋭救助
   隊員が一堂に会し、全国の舞台で日頃から鍛えぬいた救助技術を披露する大会です。
   第1回大会は昭和47年に東京で開催され、今年度は第45回大会となり非常に歴史のあるものでもあります。
   今大会の参加人数は約1,000名となります。
   


                          大会当日の動画

         

            【ロープブリッジ渡過の部】          【はしご登はんの部          

      ※動画が正常に再生されない場合はActivXの設定変更を試みてください。








                                 Home