アーキエンジェル・マイケルメッセージ 2007年4月

(ロナ・ハーマンを通して:翻訳:大内 博)

ロナとマイケルのワークショップを2007年8月4,5日に東京で開催することが決定しました。光の都市へのアクセス方法をはじめとして今地球で最も必要な情報を、ロナさんを通して大天使マイケルが伝えてくれます。ワークショップ申し込みの受付け中です。ワークショップに参加する方に限り魂の旅路のリーディングを受けることができます。ロナさんに頼んで数を増やしていただいたのでまだ大丈夫です。希望される方は早めにお申し込みください。

思い出してください。あなた方は地球局面に新しい現実を創造しているだけでなく、高次元にも新しい現実を創造中です。

愛するマスターたちよ、旧世界の秩序が徐々に過去のものとなり、あなた方の“過去世”のメモリーバンクにゆっくりと移されていくなかで、新たなる時代の夜が明けようとしています。オムニヴァース(多宇宙)とユニヴァース(単宇宙)のレベルでは最高創造主が数多くのグレート・セントラル・サンを通して自らの輝きを送り出しています。その光は今、あなた方の太陽系の太陽を通して、生命の生きた炎の爆発という形をとってフィルターをかけられながら地球に注ぎ込まれています。

これからの数ヶ月にわたって、銀河の中心部で起こっている極端で不規則な活動についてますます多くの報告を耳にすることでしょう。さらに、あなた方の太陽系の太陽黒点の増大と太陽爆発活動の増大について多くの報告がなされることでしょう。これはすべて、顕現された全世界において起こっている進化のプロセスに重大な加速が生じている結果なのです。今地球上で起こりつつあることは誰も隠すこともできなければ否定することもできません。あなた方の太陽系や銀河系で起こりつつあることに少しでも関心のある人であれば、劇的で地球を変えるような出来事が宇宙全体にも起こりつつあることに気づいているはずです。

主要な登場人物が皆、あらかじめ決められているそれぞれの役割を徐々に果たしていく中で、神聖な計画が完璧な形で展開されつつあります。そうです、今というときに地球全体に広められている叡智の教えを読みその指示に従っているあなた方は、光の存在たちの尖兵であり、“移行する時代”のドラマにおいて果たすべき重要な役割を担っています。今という大いなる変化の時代に向けての準備をするために、私たちは長年にわたって少しずつ忍耐強くあなた方にガイドラインや指示を与えてきました。きわめて重大なときを迎えようとしている今、これまで私たちの言葉に注意を払い、必要なステップを取ってきたことにあなた方は感謝の思いを抱くことでしょう。そのおかげで多少なりとも優雅にかつやすやすと前進することができるのですから。

3/4次元の現実にどっぷりと浸っている間は、エゴの心とエゴの願望に支配された感情体は潜在意識のフィルターを通して情報を処理してきました。潜在意識は二元性のメ二極化されたモ現実と制限された存在のあり方に基づいて機能しています。神聖なハート/マインドのセンターを開くと、あなた方の現実は直ちに変容をとげて、メ聖なる存在モの数多くの局面・母にして父なる神・すべての創造物と一体感を持つようになります。それによって、あなた方はオムニヴァースの無限の可能性にアクセスする能力を再び獲得することになります。すなわち、創造のアダマンタイン分子を包含する生命/愛の川にアクセスすることができるようになります。

今というときにおいては、創造の数多くの局面が融合しつつあり、過去の時代に登場したアヴァターやマスターたちの教えが一緒になって、未来の新しい神聖な青写真を創造しつつあります。過去の教えやテクニックが最新のものにされ、精妙化され、統合されています。過去の時代に地球にやってきた偉大なマスターや光の存在たちは、彼らの神聖なエッセンスを宇宙に向けて放射するために“神の我”をさまざまな光の都市に駐屯させています。

愛情に満ちたジェシュアが土台を築いて未来(今展開しつつある未来)の神聖な青写真の種を地球に蒔いたということは前にも話しました。ジェシュアの主たる目的は、人類の復活とアセンションのために道ならしをすることでした。人類が故郷に帰るためのらせん状の道が創造され、私たちの母なる神によって力を与えられましたが、その道が今完全に固定され活性化されたのです。

新しい地球が神聖な女神の栄光を百パーセント反映するためには、地球のクリスタル・グリッド・システム内の聖心にワンネスの高次元周波数を注入することが不可欠でした。ワンネスの周波数とは、神聖な男性的資質と女性的な資質の完璧なバランスでした。すなわち、私たちの母なる神と父なる神の属性と美徳の完璧なバランスでした。

光の世界にいる私たちは、光の時代への重要な移行を可能にするために必要なことは何でも提供します。私たちは傍観者ではありません。あなた方のパートナーであり、今という重要な変化の時代の積極的な参加者なのです。私たちの父にして母なる神や光の存在たち、そして、天使たちが人間と交わり人間に話しかけたのは2千年前の話で今はそのようなことはないと考えるのは大きな間違いです。

過去においては天使がいつも人間の前に姿を現して話しかけ、神はさまざまな歴史上のリーダーに直接話しかけたという事実は真実として受け入れながら、今もそれが起こっているという事実をどうして受け入れることができないのでしょうか?あなた方人間および世界は急速な変化を遂げつつあり、新しい現実が姿を現しつつあるという事実に目を覚ますときです。これによって、昔の教えや神話・絶対的な真実とされていたことの神秘が暴かれることになるでしょう。

私たちの母にして父なる神や数多くの光の存在たちが、この進化のプロセスに積極的にかかわっています。なぜなら、創造のあらゆるレベルが進化を遂げつつあり、最高創造主が発する輝きによる影響を受けているからです。今話している変化はこの宇宙的な体験のすべての領域において起こっていることを理解してください。

最初に、あなたのハイアーセルフと魂の融合を通して、肉体・精神体・感情体をコントロールできるようにならなければなりません。こうすることによって、あなたの意思を私たちの母にして父なる神そして創造主の意思と一致させていくプロセスが開始されます。すると、エゴのアジェンダが脇にやられて、あなたの神聖な使命を果たしたいという意図が再び確立されることになります。こうして、アダマンタイン分子があなたの聖心に自由に出入りするようになると、アルケミー(錬金術)的な変容の行動が始まり、私たちは真の意味であなたと共同創造主になることができます。聖心と聖なるマインドの覚醒と統合は想像もできないほどにあなたの世界を変えることでしょう。

あなたが私たちの教えに従っているとすれば、5次元に光/力のピラミッドをすでに作っていて、地球のホログラフのレプリカがあるピラミッドをいつも訪問していることでしょう。あなた方の中には特定の目的のためにグループピラミッドを作っている人たちも数多くいます。さらに、ヴィジョンを実現するために必要なメ創造のエッセンスモを引き出すために特定のプロジェクトのためのピラミッドも作っていることでしょう。このことを知ってください。これらのピラミッドの一つ一つにあなたのエーテルのレプリカが残され、このレプリカは地上にあなたの新しい現実を創造するのに必要な特定の幾何学模様の光のパターンを絶えず取り入れて統合しています。この幾何学模様のパターンは高次元のより精妙な世界に存在するための準備にもなります。そうです。あなた方は物質世界で活動しているだけでなく、高次元の世界にも数多くの神の我がいて、あなたは彼らとも交流をしているのです。あなた方は“多次元的な存在”になりつつあると前に言わなかったでしょうか?

あなた専用のピラミッドを通してあなたが住む地域にある光の都市の周波数にアクセスするための具体的な方法はすでに教えてあります。無限呼吸をすることによってエーテル界のあなたのレプリカと肉体はアダマンタイン分子/光の分子で満たされることになります。このプロセスをさらに精妙なものにして、別な要素を付け加えることにしましょう。

数年前に、世界のピラミッドの中に入るとき人類と地球に向って愛/光を放射するという意図を持って、“光を吸い込み、愛を吐き出す”ようにと教えたことがありますが、その理由を考えたことがあるでしょうか。光を吸い込むとき、あなたはアダマンタイン分子を聖心の中に吸い込んでいるのです。無条件の愛を吐き出すとき、純粋な神のエッセンスであるアダマンタイン分子はあなたの愛情に満ちた意図によって力づけられ点火され、その結果、すべての存在にとっての最善のために活用されることになるのです。あなたはこれらの神の分子の受け取り手であり、その分子をあなたの愛で活性化する人なのです。

以下の瞑想法を想像してください。瞑想のとき、あるいは、静かな時間にこれをすることをお勧めします。できれば一日2回、朝に一回、夜に一回すると良いでしょう。12回無限呼吸を行います。12番目の無限呼吸で息を吐き出したときにおなかを締めた状態のままで息を、2、3秒止めます。次に息を吸うときに(13番目の呼吸)息がソーラー・パワー・センター(聖心の中心)から出て身体の前に流れ出て行くのを見てください。無限の文字のパターンが縦ではなく水平線上になります。息を吸いながら最初のループが水平に身体の前へと伸びて弧を描いてソーラー・パワー・センターへと戻って来る姿を想像します。そこで息を吐き出しながら、光のループが背中の後方へと出て行き弧を描いて再びソーラー・パワー・センターに戻ってくるのを想像します。これでひとつの無限のしるし(∞)が完了します。これを6回続けてください。すると12のループがまるで花びらのようにあなたの周囲を取り囲むことになります。最後の息を吐き出した後、そのまま2,3秒、息をとめ、それから普通の呼吸に戻ります。

それから、創造のエッセンスがあなたの身体の中から出て世界に流れ込んでいく姿を想像しながら、意識的に息を吸い込み、息を吐き出します。さらに、らせん状の光が高次元の世界にあなたが作った世界のピラミッドやその他のピラミッドとあなたを接続している姿を想像してみましょう。こうすることによって、あなたのヴィジョンに全創造の生命力物質という燃料を与えると同時に、あなたの愛/光の分子をシェアすることができるのです。

少しの間ハート・センターに心の焦点を合わせてハート・センターの豊かさを感じ、体内をめぐる圧倒的な愛のエネルギーを感じてください。そしてこの神聖なプロセスを完了します。いまやあなたは無尽蔵のアダマンタイン分子を持った生命の川とつながったのです。愛する人たちよ、それは接触可能なものです。リアルなものです。これは地球上の肉体という器で体験できる最も不可思議で至福に満ちた体験です。これ以上の体験はありません。なぜなら、あなたは創造主の純粋な愛のエッセンスを体験しているのですから。

人類・世界・すべての創造物に対して無条件の愛を放射することによって言葉なしで祈る方法を私たちは教えてきました。あなたがこれまで与えられた祝福のすべてに対する感謝の思いをそれに付け加えれば、最も効果的な祈りになるでしょう。聖心が再び息づき始めるにしたがって、ハート・センターに入っては流れ出てくるアダマンタイン分子に対して聖心はより敏感になっていくでしょう。

考えや不明瞭な思考・理論といったものを通して私たちの父にして母なる神を知り、感じることは不可能です。神について知るだけでは十分ではありません。神について考えるだけでも十分ではありません。神のエッセンスを感じなければなりません。あなたの聖心の中心部にある創造主の圧倒的な愛を感じなければなりません。そのとき初めてあなたの頭脳も神の我と再びつながったということに何の疑いも持たなくなるでしょう。すべての創造物と一体になったということを疑わなくなるでしょう。頭脳は有能な召使になりえるものですが、聖心とつながっていなければ支配的で破壊的な主人になる可能性もあります。聖心と聖なるマインド(頭脳)を活性化し力づけることが絶対的に必要な理由はここにあります。

あなたの聖心を守っているエーテルの盾は、古代の教えでは“三重の炎”と呼ばれていたものですが、この中にはこの宇宙の三つの神の光線の資質・美徳・属性が含まれています。聖心の中心部にあるダイヤモンドの核の神の細胞に100パーセント点火すると、これらの三つの神の光線は神聖な意思と力・神聖な愛そして、神聖な叡智を放射してあなたを力づけることになります。やがて、神の意識の12光線の電磁波の全スペクトラムが輝き出て、あなたは神聖な生得の権利をさらに多く自らの中に取り入れて活用するようになります。そのとき初めてあなたは再び光のマスタ-になります。

愛する人たちよ、未来を怖れることはありません。なぜなら、ハートと意図が純粋であればあなたは創造主の輝きによって守られているからです。これから厳しいときがやってこないとは言いません。なぜなら、安らぎと調和に満ちた丘にたどり着くためには二元性と二極性の道を通らなければならないからです。今後もあなたの神性をより多く統合していく中で意識を拡大するための数多くの挑戦・教訓・機会が常にあることでしょう。

解決を要する状況や問題があなたの前にやってきたとき、それらの状況や問題はそれが創造されたレベルにおいて解決することは不可能であることを知ってください。エゴの我の争いのレベルよりも高いところに登って、愛のフィルターを通して一つ一つの状況を見つめなければなりません。自分のマスターという有利な展望台から眺めて見なければなりません。

いまだかつて一度もゆがめられたことのない完璧な状態を心の目で想像してください。不完全なものは何も存在しない世界、そして、光に輝く完成されたあなたがこの天国に住んでいます。

今という時代は心弱きものにふさわしい時代ではありません。決断をためらったり現実を否定する者にふさわしい時代ではありません。なぜなら、信じようと信じまいと、あなた方の世界は急速な変化を遂げる真っ最中なのですから。今こそ私たちが差し出している贈り物を受け取って、優雅に喜びをもって未来へと進んでいくべきときではないでしょうか。あなた方に援助の手を差し伸べ、あなた方のために奉仕することは私たちにとって最高の喜びなのです。どうぞ忘れないでください。あなたは無条件に愛されています。

私はアーキエンジェル・マイケルです。この真実をもたらす者です。

当ページへのリンクは自由にしてくださって結構です。
ただし、バナー以外の画像・文章などを利用・転用する場合は、 大内 博および作成者への事前連絡をお願いします。
© since 2008 Hiroshi Ouchi(大内 博). All rights reserved.