アーキエンジェル・マイケルメッセージ 2007年5月

(ロナ・ハーマンを通して:翻訳:大内 博)

ロナとマイケルのワークショップを2007年8月4,5日に東京で開催することが決定しました。光の都市へのアクセス方法をはじめとして今地球で最も必要な情報を、ロナさんを通して大天使マイケルが伝えてくれます。ワークショップ申し込みの受付け中です。ワークショップに参加する方に限り魂の旅路のリーディングを受けることができます。当初50人限定でしたが、ロナさんに頼んで数を増やしていただいたのでまだ大丈夫です。希望される方は早めにお申し込みください。

今は意識拡大の時代です

愛するマスターたちよ、光/生命の川として知られる存在の高次元世界に戻るための道を旅する中で、あなた方の内部および周辺の周波数パターンは常に変化しています。その結果、意識は絶えず拡大され、現実世界を見るためのフィルターだけでなく、周囲に築いてきた価値体系も、より高次で力付けとなる真実によってとって代わられつつあります。あなたが創造した世界や交流している人々は、あなたが真実として受け入れている信念や期待を常に反映してくれます。

苦しく辛い状況の中にいると人は常に歪曲されバランスを欠いた信念や愛着を抱き、そのために間違った幻想の現実に閉じ込められることになります。あなた方の日常生活の行動や反動の多くを支配している信念体系は徐々に崩れつつあります。そして、あなた方が新しいヴァージョンの現実として受け入れつつある“自分を力づける”概念によって取って代わられつつあります。あなた方は今“自分”についての意識を拡大するプロセスの中にいて、交流する人々に関してもより明確で深い自覚を持つようになりつつあります。また、現在のあなた方には見ることができない世界についても同じことが起こっています。

“すべては幻想である”という言葉をしばしば聞いたことがあるはずです。これは物質の存在界で創造されたものにはすべて実質性がなく、構造もなく、リアルでないという意味ではありません。また、高次元世界は“幻想”であり、触知できる構造物もなければ明確な意味もないということではありません。この宇宙全体におけるあらゆるレベルの存在は、そこに居住するものにとってはあなた方の地球の家があなた方にとってリアルであるのと同じくらいにリアルなのです。私たち天使界の存在がリアルであるように、創造主と創造主のすべてを包み込む影響力はリアルなのです。

“すべては幻想である”というときの幻想とは、世界についてのあなた方の知覚のことです。あなたが自分で作ったフィルターを通して見る現実世界のことです。潜在意識の中にコード化して埋め込み真実として受け入れている価値体系・枠組み・タブー・制限などのフィルターを通して見ている現実を幻想だと言っているのです。誰でも自分自身の価値体系や意識のレベルというヴェールを通してこの世界を眺め、日常生活の出来事を見ています。そういうわけで、多くの人々はネガティブなフィルターを通してすべての出来事を見つめ、光に満たされた魂は愛と無判断のフィルターを通して人生を体験することになります。

加速化された変容の時代である今、あなた方は内的にも外的にも大いなる変化を体験しています。潜在意識・顕在意識・超意識の間にある膜は薄くなりつつあり、その結果、解放する必要がある主観的で自己制限的な情報にアクセスすることができるようになっています。また、自らのマスターになるためには内面のバランスを取り戻し歪曲された概念を癒す必要がありますが、その歪曲された概念にもアクセスすることができるようになっています。

あなた方の右脳と左脳、そして、潜在意識・顕在意識・超意識の基盤もまた融合のプロセスの中にあり、超/マクロ意識の統合された状態に戻りつつあります。メすべてが始まったときの状態にすべてのものが再びなるモという表現がありますが、多くの点で、この言葉は人類が今体験している変容のプロセスに当てはまります。

肉体的な感覚を通してあなたが行う観察の一つ一つ、行動の一つ一つ、人との交流や反動の一つ一つは自動的に潜在意識へと送られ記録されます。ここで再び強調しておきますが、あなた方の潜在意識は主観的であり、すべての考えや体験を文字通りに受け止めます。したがって、個々人の偏見によって影響を受けることになります。潜在意識は“旧い思考パターンや条件”に何度でも同じように反応しリプレイを続けます。間違った概念が訂正されプログラムを組みなおすまでこれは続きます。

あなた方の3/4次元の世界は行き当たりばったりで混沌としていますが、より高い4次元のおよびそれ以上の次元の時空の連続体はより柔軟で流動的です。あなた方が高次元の波動パターンを内部に統合していくにつれて、その波動パターンに合わないものはすべて解決してもらうために表面に浮上し、その結果として高次の叡智が獲得されることになります。

“内なる洞察力”を獲得した人々は、思いは触知できるものであることを知っています。思いの資質や周波数のパターンはその色を決定し、感情の性質はその形を決定することを知っています。思いが明確で具体的であればあるほど、その思いの輪郭は明瞭なものとなります。低い周波数レベルの思いは暗くよどみゆがんでいるのに対して、愛が注入された高いレベルの思いはより精妙に輝いています。あなた方の思いには実質があり、あなたおよび周囲の世界に対して影響を及ぼすという事実を受け入れなければなりません。

複雑な伝統価値・思考の枠組み/人生の境界線についての先入観を検証する気持ちを持たなければなりません。自分で自分に課している構造的な制限に閉じ込めている信念体系を手放し変容しなければなりません。愛着や時代遅れの習慣や概念を解放するプロセスは常に進行しているプロセスで、絶えず注意を払いレベルを上げなければならないプロセスです。あなた方が“快適な温室”を築いていることは私たちも自覚しています。この“快適な温室”は仮にそれが不快なものであっても、自分を制限するものであっても、乗り越えることが難しいものです。しかし、愛する人たちよ、あなた方の運命である光のマスターになるためにはまさにそれをしなければならないのです。

“手放す行為”は解放的で、あなたの意識と世界を拡大する力を与えてくれます。波動パターンが高くなればなるほど、あなたの周りの制限は流動的になります。あなたの周囲に築いた“人生の枠組み”にとらわれないでください。変化は成長に不可欠な部分であるということを理解しなければなりません。毎日決断を下し選択をして生活をするわけですが、マスターになりつつある存在として、常に最善の選択に向って努力しなければなりません。

“二元性のスペクトラム”の境界線はますます狭くなっていくでしょう。そして、選択の振り子はこれまでよりもずっと狭い幅の範囲で左右に揺れることになるでしょう。その結果、あなたの知覚と意識は拡大し、非常なる高みへとあがっていくでしょう。“マスターは狭い道を歩む”という古来の真実はここでも当てはまります。常にあなたにとっての最高の真実を探求しなければなりません。そして、能力の許す限りその真実にしたがって生きるのです。

聖心と聖なるマインドに基づいて機能するための心得

  1. ネガティブな状況の中にある挑戦を探して特定する。
  2. “この状況のどこに自分の居場所があるか?”と自分に聞いてみる。
  3. それは問題だろうか、それとも、“理解を深めて成長するための機会を提供している状況”だろうか?
  4. 問題が作られたレベルの波動のレベルでその問題を解決することは不可能であることを思い出す。
  5. あらゆる状況に対する答えは意識の拡大によって引き出すことができる。
  6. “これは誰の問題だろう?”と自分に聞いてみる。
  7. それがあなたの問題であるとしたら、どのようにそれを解決しますか?
  8. あなたの問題でないのにあなたの問題になることをゆるしますか?
  9. それがあなたの問題ではない場合、その状況に関して内なる理解を探求して、彼または彼女を祝福し、それを手放す気持ちがありますか?
  10. 時には観察者となって周囲の人たちが自分の問題を解決するのを許すことが適切なこともあります。ネガティブな状況にいつも関わる必要はありません。

最初はエゴの欲望体と魂の間で支配権をめぐる戦いが常に繰り広げられます。3/4次元の幻想にいまだにつかまっている人々の場合にはエゴが常に“支配権を持ったマスター”です。選択は多くの場合潜在意識によってなされますが、潜在意識は苦痛に満ちた過去世の体験から引き出された誤ったインプットや条件付けによって影響を受けます。

観察者になって人生の体験をより高いレベルの意識から見るようにしてくださいと私たちが依頼する理由はここにあります。自分自身および他の人たちに対して忍耐の美徳を発揮し、プロセスの観察者になろうとする気持ちがあると、多くの場合、当事者の誰もが勝利するという優雅な解決に至るものです。争いの状況に置かれたときは、当事者のすべてにとって恩恵がある結果を目指すように常に努力してください。思い出してください。愛情をこめて受け入れることが最も調和の取れた解決策である場合もあります。しかし、困難な状況を避けたり否定したりすればストレスを生み出すことになり、その状況に直面して解決するまで問題は拡大され熾烈さをますことでしょう。

多様性に満ちた“神の表現”を規定し強調する創造の宇宙周期には秩序正しい順序があることを自覚することが大切です。したがって、“時代の変化”に順応しながら進み、変化に適応し、3/4次元の現実の制限的な信念体系を捨てることが重要になります。そうする中で、叡智を獲得し、より高遠な真実を探求し、本来の“神性に満ちた状態”により近づいていくのです。

私たちはこの宇宙がこれまでに体験した最も偉大なる変容の周期のひとつを体験している真っ最中です。しかしながら、地球ではこれまでに数多くのマイナーな変化の周期もあり、あなた方の一人ひとりが何らかの形でそうした変容の時代を体験していることを自覚しておくことも大切です。

ユダヤ教は具体的な科学と知識の第五光線によって影響を受けました。すなわち、精神的な局面による影響を受けました。

キリスト教は献身・理想主義・崇拝・慈悲・ゆるし・恩寵の第六の光線によって影響を受けました。すなわち、アストラル局面によって影響を受けました。

来るべき第七のルートレースはきわめて高い進化を遂げたレースであり、霊的にも高次元と波長が合っているレースです。彼らは変容・自由・贖罪・浄化・儀式・組織の第七光線によって影響を受けることでしょう。地球上のすべての人間、すべての存在が第七の光線、紫色の変容の炎によって影響を受けることでしょう。あなた方が叡智において進化を遂げ周波数パターンをあげる中で、旧い時代遅れの教えの多くは捨てられつつあります。愛に基づいた人を力づけるような宗教的な考えは保持されるでしょうが、怖れに基づいた人を支配しようとする概念は放棄されることでしょう。光の時代へと移行していくとき、生き残る宗教は考えを拡大してより高次な創造主の真実を取り入れる気持ちのある宗教だけでしょう。

“存在”の新しい周期は変化したいという意欲を通じて開始され、優雅にやすやすと時間をかけて取り入れることができるものです。しかし、変化に抵抗する人々にとっては相克を伴うことになります。多くはあなたの引き付ける能力と反応する能力、吸収する(拒否する)能力、そして、“高次元の真実”として知られているより精妙なエネルギーを伝える能力にかかっています。

なぜあなたが苦しい状況を体験することを選択したのか、苦しい状況を表現することを選択したのか、あなたの魂とハイアーセルフは覚えています。それは罰ではなく、解決のためであることを覚えています。自己決断を強化し、充足の願望を強化することが極めて重要です。エゴの自分に奉仕するあり方から、魂の自分に奉仕するあり方へと進化しなければなりません。あなたの魂は“宇宙的全体”につながっているあなたの一部なのです。苦痛と苦しみ(エゴ主導)という困難な方法を通して同情の思いを学ぶこともできますが、あなたのハイアーセルフと神の光線に再びつながる(魂主導)という易しい方法を通して学ぶこともできます。

太陽の炎:今現在この宇宙・銀河系・太陽系・地球・人類に浸透しつつある精妙な創造主の光/アダマンタイン分子の放射による影響と磁力的な影響をいかなるものも免れることはできません。チャクラは体内の電磁波の電池のようなものです。電磁波の周波数の波動は意識のさまざまなレベルにコミュニケーションしてきます。それを統合して取り入れるためには波動周波数と調和の取れた状態にあり波長があっていなければなりません。

光/思い/音の高次の周波数はあなたの血液・細胞・身体器官・骨・筋肉・組織の中で振動し、あなたの幸福感を豊かにしてくれます。人類の低い周波数は生命を与えるエネルギーの流れを制限し、四つの低次元身体組織の固定されたあり方を強化します。あなたの血液は地球での血筋に関する遺伝子のコードを持っていますが、それよりも重要なことは、あなたの宇宙の血筋と遺産のコードを持っているということです。

我が愛する光の担い手たちよ、あなた方が直面する一つ一つの試練や試験は、もはやあなた方の最善のためにはならない時代遅れの思考形態や波動パターンを解放する機会であると考えてくださるように依頼します。人生の体験をあなたの聖心/聖なるマインドのフィルターを通して見てくださるようにお願いします。そして、生命/光のダイヤモンド光線の分子を引き出し、それらの分子にあなたの愛を注入して世界に向けて、人類に向けて放射してください。私たちは皆この宇宙の進化のダンスの中にいます。私たちは勝利を収めるでしょう。

私はアーキエンジェル・マイケルです。この真実をもたらす者です。

当ページへのリンクは自由にしてくださって結構です。
ただし、バナー以外の画像・文章などを利用・転用する場合は、 大内 博および作成者への事前連絡をお願いします。
© since 2008 Hiroshi Ouchi(大内 博). All rights reserved.