AAマイケルメッセージ 2009年12月

(ロナ・ハーマンを通して:翻訳:大内 博)

愛するマスターたちよ、この情報は過去においても与えたものです。しかしながら、過去におけるさまざまな準備がどのようにして今現在あなた方が体験している進化プロセスの段階につながっているかを理解していただくために、記憶を新たにしていただかなければなりません。19世紀の後半、魚座の時代と第6光線の影響力が水瓶座の時代に道を譲り始めたとき、自由と浄化の第7光線、すなわち、薄紫色の変容の光線に最高創造主から莫大な量のアダマンタイン分子の光が注入されました。これは私たちが愛するアーキエンジェル・ザドキエルとレディー・アメジスト、そして、私たちの父にして母なる神の指揮の下に行われました。創造の愛と光の力を更に増量して宇宙に放射するべき時が来ていたのです。

人類と地球は創造主の光のますます高くなる周波数に徐々に触れてきました。しかしながら、この精妙な光が地球と人類のハートを貫いたとき、混沌が地球を支配することになりました。今現在、世界と世界の人々が体験しているのと同じように、複数の世界戦争があり、破壊的な流行病が世界を席巻し、前代未聞の残虐な行為が行われ、極端に破壊的な天候パターンが出現し、世界的な経済不況が訪れ、一般大衆は大いなる苦しみを体験しました。若い世代の人々の間に反乱が起こり、何千年にもわたって守られてきた伝統が修正され、あるいは、完全に放棄されました。新しい創造の光が地球に浸透し、人類のオーリックフィールドに浸透する中で、人生に変革をもたらすような発明や革命的な思考が生まれ、世界を劇的に変えました。

1980年代の半ばに、人類と地球がこれ以上の神の光の精妙な周波数にさらされれば、さらなる混沌と苦しみを免れることはできないという判断が下されました。この頃、数多くの祝福されたスターシードたちが覚醒のプロセスを開始し、神聖な不満を体験し始めました。というのは、彼らは“魂の融合”を体験しつつあり、彼らのハイアーセルフが積極的に働きかけてアセンションの道を歩みだすように促していたからです。

1987年の8月に起こった“ハーモニックコンヴァージョンスモについては数多くのことが書かれ、この宇宙的な瞬間には数多くのことが起こりました。しかしながら、もっとも重要な出来事の一つは、クリスタルのグリッドシステムが再活性化され、その結果として、アセンションを開始した人類はアダマンタイン分子と呼ばれる精妙な創造の光をこのグリッドに注入することができるようになったことでした。一人ひとりの人間のダイヤモンドの核の神の細胞の中に神の意識の種の原子が貯蔵されています。人間が4つの低次元の身体のシステム、すなわち、肉体、精神体、感情体、エーテル体の調和とバランスにおいて一定のレベルに到達すると、人生を変えるような覚醒が起こります。ハーモニックコンヴァージョンスが起こって以来、創造主の光の高い周波数は、世界全体を覆う形ではなく、覚醒しつつあるスターシードに向けて放射され、これらのスターシードを通じて世界に放射されるようになりました。あなた方を“光の尖兵”、“光の柱”、“光の変圧器”、“光の伝道管”と呼ぶ理由はここにあります。

その時期に、私たちが“先導者”と呼んでいる少数の勇敢で進歩した魂たちが彼らのガイドやスピリチュアルな師、次元上昇したマスター、時として、天使界との交流を開始しました。それぞれの魂が強烈な浄化と訓練のプロセスを体験しなければなりませんでした。しかしながら、数多くの魂たちは道から逸脱することなく高いレベルの叡智の教えの明確なチャネルになりました。これらの叡智の教えはスピリチュアルな存在として大人になり、自らのマスターとなることを目指して努力している魂たちにとって非常に重要なものでした。驚くべき数の一般大衆が覚醒を継続してきました。それは、最高創造主の愛と光が、私たちの父にして母なる神や偉大なるアーキエンジェル・メタトロンを介して、人間の光の担い手たちが受け取ることができるレベルまで変換され、地球と人類に向けて安全に分散されて伝えられる中で起こったのでした。

今という大いなる変化の時において、変容の薄紫色の炎を含む第七光線の属性と資質と美徳が天界のアメジストホールからアーキエンジェル・ザドキエルとレディー・アメジストによって降り注がれており、その量は次第に増しつつあります。薄紫の火の天使たちは、地球に向けて変容の炎を活発に放射しており、全ての人にとっての更なる向上のために薄紫色の炎を呼び起こす人の力の地場へと放射しています。

1991年と1992年は、地球と人類にとって比類のない変容の年でした。薄紫の炎が地球のオーリックフィールドを貫き、ネガティブな周波数パターンの大部分を変容し、その結果、ガイアは4次元の周波数レベルで振動するのに十分な創造主の光を統合することができました。これによって、ガイアがやがて5次元へと上昇するための適切な軌道へと徐々に移行することが可能となりました。1991年の7月11日と1992年の1月11日に起こった11:11の入口に関して様々な解釈がされてきました。11:11という数はある種の通路と解釈することは可能であり、これは正しい仮説と言えます。20世紀の前半において、地球を隔離するリングを形成していた光の膜は完全に溶解され、アストラル界の悪臭を放つネガティブなエネルギーの多くは変容され修正されました。人類は再び宇宙の情報にアクセスすることが可能となり、高次元世界の存在たちと交流し親しく交わることができるようになりました。

ますます多くの祝福された魂たちが自らのネガティブな波動のパターンを癒し変容するにつれて、彼らの“エネルギーのしるし”は、4次元の高部局面の調和のとれた周波数と共鳴を開始し、それ以来彼らの人生は劇的な変貌を遂げ始めました。何百万もの魂たちがカルマの車輪を離れ、光に至る道を熱烈に探求し、歩み始めました。同時に、“スピリチュアルなヒエラルキー”のメッセンジャーになることに同意していた人々の多くが地上での神聖な使命を果たすべく呼び起こされました。実際の話、この人生ではロナ・ハーマンという名前で知られている私の愛するメッセンジャーに初めて接触したのは、1992年の1月11日でした。それ以来、私たちは絶えず離れることなく、彼女はスピリチュアルな使命に人生をたゆむことなく捧げてきました。彼女をはじめとする世界中の献身的な魂たちは人類にとってのインスピレーションであり、輝かしい模範となってきました。

最初の11:11のドアが開かれて以来、特別な11:11のドアが短期間開かれ、これによって、次元上昇したマスターや光の存在たちが、調和のとれた周波数パターンの必要なレベルを達成した人々と接触できるようになりました。そうすることによって、これらの魂たちがガイドや教師、天使たちと接触することができるようになり、光のメッセンジャーになることもできるようになりました。私たちのメッセージを読んでいるあなた方の多くに、これが最近起こったことを私たちは知っています。今何が起こりつつあるのか、何があなたに求められているのかを理解できるように、あなた方の気持をなだめ理解できるように助力したいと私たちは願っています。愛する人たちよ、それは素晴らしい贈り物です。恐れることは何もありません。というのは、あなた方はあなた自身の“自然なあり方”の一部を再び自分のものとして宣言しているにすぎないからです。

“光の存在”と親しく心を通わせることは人間としてのあなたにとって大きな進化の一歩となります。というのは、それによってあなたの内部で新しい意識が覚醒され、力強い変化が起こるからです。多くの場合は、最初にあなたの個人的なガイドとつながり、交流を図りコミュニケーションをすることを学ぶようになります。あるいは、時として、あなた自身のマスターである師があなたとの関係を素早く確立することもあります。これは、この人生で転生する前に一緒に仕事をするという約束をその特定の存在と交わしている場合に特に起こる現象です。

人類と創造主のために奉仕するこのような機会を持ったことはこれまでにはありませんでした。あなたは進化のプロセスにおいて分岐点に立っています。というのは、あなたが知っている世界はゆっくりと姿を消しつつあるからです。創造主の神聖な火花であるあなた方は大いなる贈り物を与えられました。それは創造主のエッセンスという宝物で、あなた方が好きなように使ってよいというものです。あなた方は光のアダマンタイン分子の一部を聖心の中に貯蔵し、予備の分をルートチャクラに貯蔵した状態でこの人生を開始しました。ルートチャクラは“神聖な火の種の原子”で時としてクンダリーニとも呼ばれ、とぐろを巻いた大蛇と描写されるものです。しかしながら、この力の源である神聖な光に点火し効率的に活用するためには、“王国に至る鍵”の使い方を思い出さなければなりません。クンダリーニないしは“大蛇の火”は異なった問題です。というのは、メタトロニックのフルスペクトルの蓄積されたエネルギーにアクセスするためには、あなたが過去において創出したゆがめられたエネルギーの51パーセントを除去しなければならないからです。

様々な偉大な“光の存在”たちが何百万年もの間地球と人類の荷物を背負ってきました。しかしながら、今というときは人類が自ら先頭に立って彼らの責任を引き受けるべき時です。あなた方は賦与されている神聖な光にアクセスし分かち合うことを開始しなければなりません。常にエネルギーの交換がなければなりません。それが宇宙の法則です。人類は進化してスピリチュアルな存在としての大人になり、“神の意識を持った存在”として責任ある立場をとるべき時です。私たちのメッセンジャーであるロナ・ハーマンに、あなた方が障壁を取り除いて高次元存在とのコミュjケーションの道を優雅に易々と開く手伝いをするようにとインスピレーションを与えてきました。彼女はそのために一冊の本を上梓しました。

『チャネルを開く:ハイアーセルフ、スピリチュアルなガイド、天使界のヘルパーとコミュニケーションをするための手引き』

メンタルなテレパシー、ないしはチャネリングは言葉を使わないコミュニケーションの形態です。あるいは、既知の感覚以外の手段によってマインドからマインドへと思いを伝えることです。その場合、あなたの存在ないしはあなたのエネルギーのしるしが呼応している波動のレベルにしかアクセスすることはできません。精神体と感情体において調和とバランスのとれた存在の在り方を達成するために浄化のプロセスを経験することが重要である理由はここにあります。

稀なことですが、一つの偉大な時代から次の偉大な時代へと移行する時期に、次元上昇したマスターや天使界の存在、スピリチュアルなヒエラルキーの存在たちが“ヴェール”を通過して、覚醒した人類の選ばれたメンバーと接触することが宇宙の法則によって許されています。そのためには、これらの不可思議にして進化した存在たちと交流したいという意欲と願望を表明しなければなりません。というのは、彼らはあなたの自由意思を踏みにじることはないからです。あなたが特定のマスター、天使、光の存在に心の焦点を絞ると、彼らはただちにあなたのことを意識し反応します。あなたの願望が強烈であればあるほど、誠実であればある程、一定不変であればある程、彼らの光はますますあなたの上に注がれる事になります。

あなたの守護天使、スピリチュアルなガイド、教師たちはあらゆる努力を払って、今という時代に不可欠な叡智の高次元周波数をあなたが受け取ることができるようにと助力しています。彼らはあなたのソーラー・パワー・センター内の光を強化することによって注意を引こうと努力していますが、やがては、聖心の内部の光を強化することによってこれを行うことになります。次元上昇したマスターや天使界の存在と意識的にコミュニケーションをすることをあなた方は何世紀もの間待っていました。そして、彼らもまた忍耐強くこの時を待っていたのです。

明確で優れたチャネラーになるプロセスを加速するための方法をいくつか列挙します。

*誰にもこの人生のための守護天使が少なくとも一人います。場合によっては一人以上の守護天使がいます。進化しながら多次元を通過して行く中で異なったガイドが現れます。あなたのガイドや師と呼応するレベルまで“意識を上げる”必要があります。彼らもまた周波数をある程度下げてあなた方のレベルに合わせます。

*心を集中して注意の的を絞ることができるようにしなければなりません。

*心を静めてあなた自身の思いを退けて、ガイドや師の思いや導きを受け取ることができるようにしなければなりません。

*あなたの魂/ハイアーセルフとチャネリングをする存在との間に合意がなければなりません。

*“光の存在たち”は決してあなたの自由意思を踏みにじることはしません。

*あなたのガイドはあなたのエネルギーを増強することによって適切な周波数レベルを達成する手伝いをします。これによって、あなたはエネルギーが強化されたと感じ、高次元のエネルギーレベルにアクセスするとき、拡大された感覚を味わうかもしれません。特に頭の部分でそのように感じるかもしれません。

*チャネリングはより偉大な意識の感覚を創出します。

*チャネリングはスピリチュアルな成長のための加速された道です。

*ガイドはあなたの問題に解決策を与えることはしません。しかしながら、いくつかの選択肢を示し、その状況に関してさらに広い視野を与えてくれるでしょう。

*高次元のガイドは未来を予言することはしません。というのは、あなたには自由意思があり、変化する要素があまりにもあり過ぎるからです。しかしながら、特定の状況に関して最も“蓋然性が強い未来”は示してくれるかもしれません。そうすることによって、あなたが全ての存在にとって最善で最も賢明な決断をする手伝いをしてくれるでしょう。

あなた方が光の道を歩くときに当たり、私たちはインスピレーションを与え、あなた方のハートを創造の神聖な火で燃え立たせましょう。私たちの父にして母なる神のハートから、愛と光と言葉にすることはできないような祝福が、あなた方の一人一人に向かって永遠に放射されていることを知ってください。

私はアーキエンジェル・マイケルです。

当ページへのリンクは自由にしてくださって結構です。
ただし、バナー以外の画像・文章などを利用・転用する場合は、 大内 博および作成者への事前連絡をお願いします。
© since 2008 Hiroshi Ouchi(大内 博). All rights reserved.