AAマイケルメッセージ 2010年2月

(ロナ・ハーマンを通して:翻訳:大内 博)

アセンションの道すがら

愛するマスターたちよ、あなた方が今一番心配していることは何でしょうか。どうしても克服することができないように思われることは何でしょうか。いつもあなたを悩ませるストレスがいっぱいの状況に対する答えがなぜ見つからないのでしょうか。長い間覚醒に至る道を歩んでいるあなた方は、袋小路に迷い込んだような感じで何をしたらよいのか分からず、実に耐えきれないほどの不安を創出している執拗な障害物をどうしても乗り越えることができないかのように思っています。

私たちは何度も強調してきましたが、あなた方は強烈で極めて重要な変容のプロセスの中にいるのです。あなた方の多くは最も重要な核心的な問題が表面化する周期の中に入っています。これは、非常な混乱の原因となっている不協和なエネルギーのパターン/思考のパターンを、これを限りにして中立化することができるようにするためです。そうすることによって、これらの不協和なエネルギーのパターンが本来の形である純粋な光の物質へと戻ることが可能になります。アセンションの道には数多くの段階と通過儀礼があり、それは、猛烈な学習の時期、成長の時期、意識拡大の時期となって顕現し、それに続いて同化統合の時期があります。同化統合の時期においては全てが停滞するゼロ地帯に迷い込んでしまったかのようで、以前の混沌とした状態に戻ってしまったように感じるかもしれません。私たちの父にして母なる神の脈拍と鼓動は様々なレベルの周期を創出し、生きとし生けるものはすべて何らかのリズムの周期と波長が合っています。高次元の下位局面を一つ上昇するごとに、体験と顕現の周期が非常に加速されることになります。

ますます多くの魂のグループが、今という時期に地球上で一緒になりつつあります。したがって、魂のグループは光に目覚めているレベルが様々な人たちによって構成されており、それぞれの人がグループ全体に貢献する様々なレベルの贈り物をもっているということを理解することが重要です。魂の中には、支援を与えるために、あるいは、支援を受け取るために自分の魂の家族の親しいメンバーとすでに一緒になっているものもあれば、今一緒になりつつある魂もあります。数多くの魂たちが、自分たちが引き受けたグループとしての使命を果たすために一緒になっています。

宇宙全体に及ぶあなた方の旅の中で、あなた方は一度ならず、非常に多様なグループの魂たちと一緒になるようにとの召集ラッパに応じてきましたが、その目的は、未来のある時点で重要な使命を引き受けることにあります。あなた方の中には地球上における今という特別な時に複数の重要な使命を果たしている人もいます。また、ある人々にとってはこの人生はご褒美の人生で、一見したところ初心者のイニシエートとしてより進化したメンバーによる援助を受け、グループの叡智や愛の恩恵を享受しているように見えます。保証しますが、これらの大切な魂たちは過去において同様な奉仕を提供したことがあり、魂のレベルでは光の道を歩むイニシエーとしての条件はすでに満たしているのです。本当の自分がどのような存在であるかを思い出すために、彼らは慈愛と訓練と助力を少しは必要としているかもしれません。中には急速な進歩を遂げて、愛と光の神聖な分与を与えられ、自分のマスター、教師、道案内人としての役割をすぐに担う人もいるかもしれません。

グループの中には、自分の家族、友人、隣人、地域社会の人々の間で静かに神聖な愛と光と叡智を広めている人たちもいます。このような人たちは、穏やかに日常生活を営み、他の人たちの模範になる生き方をしながら、愛のエネルギーを広め、分かち合っています。また、他のグループの人々は、リーダーや才能にあふれた教師となり、より広い影響力、場合によっては世界全体に及ぶ影響力を発揮するように運命づけられている人々もいます。グループを構成する人々が多様であればある程、彼らが周囲の人々に及ぼす影響力の可能性は増大します。というのは、そのようなグループは非常にバランスのとれた体験や叡智を他の人たちに伝えることができるからです。

今、人類が体験しつつあるアセンションを心の中で想像してもらう旅に出ることにしましょう。あなた方は今、私たちが他の惑星で起こっているアセンションのプロセスを観察するのと同じように、よく見える展望台から非常に異なった現実を見ていると想像してみてください。高次元の世界に住んでいる私たちは人々の感情を感知する能力を持っています。さらに、人々の思いや行動が伝える波動パターンを見ることができます。見える色彩は生き生きとしていて、人それぞれのオーリックフィールドは誰にでも見ることができ、それができることは正常な属性であると考えられています。しかしながら、人々はオーリックフィールドの意味を理解していませんでした。

アセンションの道を一緒に歩んでいる一つの魂のグループに焦点を絞ってみましょう。最初に、周囲を山々に囲まれた谷間の中にある隔絶された小さな村が見えます。村の人々は素朴な人たちで外部の世界との接触はほとんどありません。谷間には粗末な住居が散在し、住民たちは細々と生計を立てるために一生懸命です。土地は痩せていて、気候は厳しくきまぐれです。人々はお互いに対して疑心暗鬼を抱き、村全体の向上のための交流や協力はほとんどありません。しかしながら、三つの家族が村から少し離れた山腹に家を建てて住んでいます。彼らは近くにある小川の水を共有し、労働の成果を分かち合って生活しています。しばしば一緒に集まってはいろいろな問題について話し合い、彼らが受けている豊かな恵みに感謝を捧げます。彼らが住んでいる山腹は他の場所に比べて少し光の強さが明るく、調和がとれていることに彼らは気づき始めます。

谷間の上にはいつも僅かに霞がかかり、山腹に住むグループが時々村まで下りていくと、谷底に住んでいる人たちは以前よりも貧しく、前よりも不幸になっているように思われます。彼らは何かに憤りを感じているようで、部外者に対しては不親切で、村の中には悲しみと絶望の雰囲気が漂っています。しばらくすると、より高い魂のグループは谷底の村に行くことをやめてしまいます。質素ながらも快適に生きるのに十分な物は自分たちだけで生産することができると分かったのです。徐々に、彼らのグループの人数は増えて一つの新しい村になります。しかしながら、拡大に伴って人々にとって新しい試練と挑戦もやってきます。

時がたつにつれて、より進化したグループの数人は落ち着きを失い不満を感じるようになります。人里離れた小さな村で一生過ごし死んでいく、人生はそれだけではないはずだと感じるようになったのです。そこで、彼らは山を登り、山の向こうに何があるかを見に行くことにします。旅は数多くの迂回を強いられ、数多くの試練に会います。しかしながら、グループの人たちは問題解決のために辛抱強く協力し合って皆が持っている物を出し合えば、旅はより容易なものになることを発見します。ゆっくりと、しかし、確実に彼らは前進し、そこには彼らがあとに残してきた村と同じような村があることを発見します。しかし、この村は前の村よりも進歩しています。この村の人たちは旅をしてきたグループが知らないような技術を持ち、生活を容易で快適なものにするための数多くの実用的な物を作っています。

私たちの魂のグループの旅人たちは徐々に村の生活に溶け込み、間もなく、村人が分かち合ってくれた様々な技術や能力を身につけることができました。しかし、生活は完璧というわけではありませんでしたが、前の村よりはずっと生活しやすいものでした。そういうわけでグループの何人かは、対処しなければならないいくつかのネガティブな問題はありましたがこの村に止まることにします。

グループのその他の人たちは山の向こう側へと向かう旅を続けることにします。山の向こう側の村も渓谷の中にありましたが、この谷底は彼らが生まれ育った村の谷底よりも高い所にあり、生活もより快適なようではあります。しかし、村人の間には数多くの些細な争いや不満があるようでした。羨望やねたみの感情が村人の間に蔓延しているようで、一種のカースト制度があり、才能がある人、姿形が美しい人、特別な技術を持っている人々は他の人々に対して優越感を持っているかのように行動していました。また、村人の暇つぶしの一つは隣人についての噂話をすることで、隣人の考えていることや習慣をけなしてからかい、特に隣人の考えや習慣が彼らのそれと異なっているときにはその傾向が強いものがありました。

しばらくすると、グループの一部の人たちはこれらのネガティブな習慣を身につけ、村全体の競争しあうような雰囲気に巻き込まれていきます。一方、グループの他の人たちは観察者にとどまり、これは自分たちが住みたい場所ではないという結論に間もなく達します。彼らは後ろを振り返ることもなくこの村を後にして、次の山頂を目指し、次の場所が提供してくれるかもしれない贈り物についてのヴィジョン心を集中させます。

このようにして、次の段階の存在局面へとアセンションする資格を得るために、特定の周波数レベルの環境の中で生活を体験し、知識や叡智を獲得していくという終わることのない周期が開始されたのです。光の道を探求するあなたがより高いレベルの意識の才能と知識を与えられる度に、あなたは永遠の変貌を遂げます。それからは、あなたの内部にある不協和な波動のパターンを浄化し調和のとれたものにするまで、新しい現実という谷間を旅していかなければなりません。新しいレベルの存在性を獲得したのちに、時として、ほんの短い間かもしれませんが、あなたの人生の中に不協和な状況や困難な問題が解決してほしいとばかりに再び姿を現す理由はここにあります。あなたのエネルギーのしるしが、新しい次元のレベルと見合ったものになった時、あなたは次の山に挑戦する準備ができたのです。どうぞ、次のことをしっかりと心に銘記してください。あなた自身の魂の召集ラッパを聞き、それに応じたとき、やがて大いなる光に目覚めることにつながる旅をあなたが続けることを何も止めることはできないということです。なぜなら、神聖な不満はあなたがこの道を歩み始めるまであなたをほっておいてはくれないからです。

愛する人たちよ、人生の偉大な山々を何度も登攀し、闇と試験と試練に満ちた様々な渓谷を旅してきたあなた方は、存在の内奥にある最も深遠な核の問題を自らの意識に昇らせつつあるのです。この肉体をもって生れてくる前に、あなたはこれらの問題をこの人生で解決しようと決意したのです。というのは、再び自らのマスターとなるためには、一定レベルのバランスと調和を存在の内面において達成しなければならないことを知っていたからです。思い出していただきたいのですが、あなた方は罰を受けているわけでありません。あなたが最善の努力をしている限り、間違ったことは何もしてはいないのです。あなたの聖心の中にある神の火花にいったん目覚めたならば、克服不可能な状況に身を置くことは二度となくなります。しかしながら、あなた方が内部に持っている偉大な可能性に目覚め、低次元世界の幻想を乗り越える手伝いをするために、あなた方は常に試練や困難な問題、様々な状況を体験することでしょう。そのようなとき、あなた方は最も高貴にして最善の解決策を得られるように常に努力しなければなりません。

最も困難なことの一つはあなたの感情と気持ちをコントロールすることであることを私たちは理解しています。聖心とソーラーパワーセンターの内部において常に力づけられるように、毎日、周囲の環境から不協和な波動のパターンを除去することが大切です。あなたは人生という貸借対照表に毎日新しい章を加えているのです。今日の章は貸借対照表のどちらに加えられるのでしょうか。思い出してください。薄紫色の変容の炎をあなたのこれまでの人生の出来事の全てに吹きつけて、過去の不協和なエネルギーの原因・核心・記録・記憶を抹消することは許されており、また、そうすることが重要なのです。薄紫色の炎は変容の贈り物であり、カルマの車輪を抜け出して恩寵の状態の中に入る手伝いをしてくれるでしょう。一生懸命、薄紫色の炎を使ってネガティブな行為の全てを消去してください。さもないと、原因と結果の状況を通じてあなた自身が間違って創造したものに直面し、修正しなければならないことになります。あなたが誤って創造したものを解放して愛してあげてください。無理に拒絶すればネガティブな思考形態を強化するだけです。あなたの魂とハイアーセルフの促しに従ってください。一般的な意見に左右されないことが大切です。あなた自身の中にある神聖な感覚を強化して、それに耳を傾けなければなりません。あなたの体は反響板のようなものです。体は一定の波長をもつチューニング・フォークで、あなたのエネルギーのしるしを構成しているのです。あなたの人生が混沌と苦痛に満ちたものであっても、あなたの意識を上昇させることによってあなたのエネルギーのしるしの波動パターンを上昇させ調和のとれたものにすることができ、そうすれば、あなたの人生体験はバランスが回復され、満足のいくものとなり、楽しいものとなることでしょう。

愛する人たちよ、あなた方は長年にわたって預言されてきた重要な時代に生きています。同時に、かつてなかったほどの援助の手が差し伸べられています。天国の門が開いて貴重な生命の妙薬があらゆる創造物の上に注がれています。これは信じがたい概念かもしれませんが、あなたはこの旅を一人でする必要はありません。瞬間、瞬間の中にある神の力に心を合わせながら山の頂上を見続けてください。そうすれば道に迷うことは決してありません。あなた方には、身体的な活力に満ち、充実した心を持ち、明確な精神的自覚を持ち、経済的に豊かで、霊的な光に満たされた人生を生きる可能性があります。物質世界の旅を百パーセント楽しむのはあなた方の神聖な生得の権利です。毎日、情熱を持って人生を味わって楽しみ、完璧な自覚としっかりとした意識を持って物質の世界を楽しむようにあなた方はデザインされているのです。地球での旅は、本来、苦痛や苦しみ、そして、欠乏に悩まされるべきものではありません。地球を天国として体験するか、それとも、地獄として体験するか、それを決めるのはあなたに他なりません。

私たちにあなた方にとっての高遠な道を示すことを許して下さい。そして、あなたの歩む道を光で照らさせてください。あなたは深く愛されています。

私はアーキエンジェル・マイケルです。

当ページへのリンクは自由にしてくださって結構です。
ただし、バナー以外の画像・文章などを利用・転用する場合は、 大内 博および作成者への事前連絡をお願いします。
© since 2008 Hiroshi Ouchi(大内 博). All rights reserved.