AAマイケルメッセージ 2010年11月

(ロナ・ハーマンを通して:翻訳:大内 博)

肉体の器は素敵な創造物

愛するマスターたちよ、あなた方が光の道を前進し、大宇宙の法則や宇宙の働きに関して理解をさらに深めつつある時、創造の概念について、また、複雑な肉体という器に関してあなた方に更なる理解を時々提供する機会を歓迎するものです。そのようなわけで、エーテル体の構造に関して、また、アセンションのプロセスの中でそれがいかに重要なものであるかについて詳しく説明したいと思います。エーテル体、ないしは、エーテルの網は、地上の肉体よりもずっと精妙な物質から成るものですが、肉体の目に見えない相対物に言及したものです。エーテル体は肉体のオーラから成り、オーラはエーテルの網のパターンの様々な色、歪み、歪みの欠如などを通して肉体の健康状態に関する情報を伝えてくれます。苦痛、苦しみ、恨みなどの感情は、あなたが本来成るべき光の担い手となることを妨げる思考形態です。オーリックフィールドは目に見えない電磁波の力の磁場であり肉体を囲んでいるもので、エネルギーを拡大してあなたに伝えると同時に、あなたの波動周波数パターンを放射しているのです。

エーテルの網の内部にある精神体のオーラは、3次元と4次元の下部局面の制限の中にはまって動けない人々にはほとんど存在していません。というのは、彼らは、過去の信念、思い、行動によって創出された幻想のフィルターを通してこの世界や出来事を見ているからです。

3/4次元的な環境の中に存在している時、感情体内部の支配的な力はアストラル局面です。したがって、大多数の人々は自己中心的な卑しいあり方とエゴの欲望体の支配下にあります。エゴの欲望体は過去の満たされない願望や、自分には価値がない、あるいは、自分は愛されていないというバランスを欠いた感情から成っています。アセンションプロセスの最も劇的な段階は、感情的な大衆意識の信念体系の歪みを通過して、高次元の安定性、新鮮なあり方、調和に至ることです。

決して忘れないでください。怖れはあなたの力を奪い去ります。一般的な大衆意識は、ネガティブで敵対的な思考法や、新しい概念や変化に対する抵抗によって力を与えられます。大多数の人々は苦痛と苦しみの現実の中に凍結され、彼らが自分で課している制限の監獄から解放してくれる、発展的で新しい考えを受け容れる気持ちがありません。

三次元の現実の中で機能しながら、受け容れられた二元性の領域の内部にしっかりと根を下ろしバランスをとることが極めて重要です。と同時に、5次元の下部局面である精神的な局面に順応するために、叡智を探求し努力を重ねる中で、4次元の幻想的な世界において感情的な調和と静けさを達成するべく努力しなければなりません。あなたのハイアーセルフのささやきに常に注意を払う必要があります。また、あなたには一人のハイアーセルフしかいないのではなく、ハイアーセルフの数多くの断片/火花が宇宙全体に散在しているということを理解することも重要です。

アセンションプロセスは、あなたのハイアーセルフの次の高次元周波数の段階を徐々に統合して同化していくことを意味します。あなたは光と意識を拡大するプロセスの中にいるのです。アセンションプロセスだけでなく、自らのマスターとなる変容のプロセスは、あなたの神聖な存在との核心的なつながりである光の生命線を拡大した時、大いに加速されることになります。あなたはまた、あなた個人のアンタカラナ(光の虹の橋)を介して生命の川とのつながりを再び確立するプロセスの中にいます。アンタカラナアダマンタイン粒子と呼ばれる創造主のエッセンスが含まれています。これまでの数多くの時代を経る中で、人類は生命の川とのつながりを減殺し、その結果、ほとんどの人々においてそれは川というよりもしずくのようなものになってしまいました。

あなた方一人一人には輝く光から成る球体がり、これはあなたのオーリックフィールドとあなたの魂の歌の波動パターンによって生み出されます。アセンションとは体全体のチャクラのシステムをバランスのとれたものとし、それによって、エーテル体/オーリックフィールドの浄化・純化・バランスが進められます。あなたの目標はエーテル体オーリックフィールドを完璧で神聖な青写真に戻すことですが、この青写真は、アダム/イヴ・カドモン・ライトボディーと呼ばれるあなたの本来の体の形のための人間の青写真です。私たちは、あなたの多面的な体の体系、すなわち、肉体、精神体、感情体、エーテル体の色を介してあなたを観察しています。それらの色は、数多くの時代の中で生きた数多くの人生の中であなたが体験した思い、行動、行為によって創出されます。

あなたの魂の歌は、無条件の愛、叡智、調和とバランスという4次元の中間局面及びそれよりも高い次元の波動パターンによって構成されています。自らのマスターとしてのあなたのエネルギーのしるし魂の歌は、天界の音と色の曼荼羅に融合し、それによってあなたは高次元の世界において存在を確認されます。あなたはあなた自身の内なる光の輝きによって認められます。あなたの肉体の器の中に光のエッセンスを取り入れれば入れるほど、あなたのオーラはより強い輝きを放つことになります。

聖霊ないしはあなたの高次元のメンタル・セルフは識別する役割を果たしている高次元の知性であり、この知性が光の注入を司り、かつ、規制すると同時に、あなたの霊的な自覚と現在のニーズに応じて与えられるスピリットの贈り物をモニターしています。特別な天の配剤はあなたの神聖なメンタル・セルフによってモニターされ分与されていますが、このメンタル・セルフはあなたと神の我との間にあって仲介する存在です。

瞑想は低次元のマインドとエゴを抑制する助けになりますが、瞑想することによって、あなたは高次のマインドの沈思に意識的に波長を合わせることができるようになります。高次の意識を閉ざしている人々にとってはごく当たり前のマインドのおしゃべりを止めるには忍耐と自制心が必要です。あなた方に積極的な瞑想と受動的な瞑想を実践することをお勧めします。確言は力のある祈りです。確言は厳密でポジティブな言葉を、自信をもって表現すべきです。そして、適切な時に適切な形で顕現するであろうことを確信して行うべきです。確言がすべての存在にとっての最善を願って愛情に満ちた意図をこめて送られれば、あなたの意志をハイアーセルフの意志と一致させることになるでしょう。そして、宇宙の法則によって、あなたの共同創造主としての思いと熱望は同じような思いをもった他の人々のそれと一緒になることが保証されるでしょう。こうして、それらの思いや熱望は強さと力を増すことになるでしょう。

沈黙の瞑想は、あなたのハイアーセルフ守護天使、あるいは、聖霊の答えに耳をすませることです。思い出してください。聖心神聖なマインドに存在の中心がある一人の人間は、何百万という人々に大宇宙の真実とインスピレーションで得た思いを伝えることができ、オーリックフィールドの愛情に満ちた波動は彼らが接するすべての人を祝福するのです。

心の静けさと喜びは魂の資質です。魂の心の内面における支配的な力となり、エゴが抑制された状態になると、知性に満ちた愛が結果として生まれます。あなたの神聖なマインドの入り口をガードする光の膜を溶解させると、神聖な叡智のあなたご自身の宝庫にアクセスすることができるようになります。

あなた方はアセンションの道を歩み始めてイニシエーとですが、そういうあなた方が現在体験しつつあるアセンションの数多くの症状のいくつかを次に列記することにしましょう。

*これまでは喜びをもたらしてくれた様々な社交的な活動や行事から身を引いている自分がいる。騒々しい雑音や騒がしい活動には困惑を覚え、人のいないところに行きたい、自然の静けさの中に身を置きたいと思う。波動周波数が上昇してより調和のとれたものになると、低次元の不協和なエネルギーを発する人や出来事、場所とかかわることから身を引くようになっていきます。同時に、徐々にですが、友人や親せきの一部の人たちとはますます共通点が見出せなくなります。特に、ネガティブで、価値判断の傾向が強く、他人に対して不親切な友人や親せきに関してはそういう傾向が強くなります。

*強烈なまでのエネルギーの爆発を体験し、ほとんどじっとしていることができない。時として、体全体が非常に軽やかで、体があるとはほとんど感じられない。また時によっては、体が非常に重くて地中に沈んでしまいそうな感じすらして、極端な疲労感を感じるかもしれません。あなたの体の形はエーテルのレベルおよび細胞のレベルで強烈な変形を体験しており、これらの変容の症状の中には快適でないものもあります。特に、衰弱した体の中に存在している人々にとってはそれが言えます。

クンダリニ(神聖な火)が脊椎(エーテルの光のチューブ)に沿って上昇を開始すると、体の外面では冷たい感じがしているにもかかわらず、内面的には強烈な熱を感じるという体験を何度もするかもしれません。脊髄の基底部のルートチャクラの中に貯蔵されているクンダリニの火は徐々に解放したほうがよい理由はここにあります。そうすることによって、神の光の高次元の周波数をゆっくりと統合することができるからです。アセンションの変容のプロセスの中にいる時は、より速く、より多くは必ずしもよいことではありません

*プロセスの初期の段階にいる人たちは、精妙な光の周波数の統合という体験は過度にドラマチックなものにはならないでしょう。しかし、アセンションのプロセスをしっかりと歩み始めていて、世界の奉仕者になることに同意したスターシードにとっては、それは強烈で常に進行するプロセスとなるでしょう。その中で、光のますます高次な周波数を統合して他の人たちと共有することになるのです。

*感情的な起伏を体験する中で、感情のローラーコースターに乗っているみたいな感じがするかもしれません。詰まって動けなくなっている不協和なエネルギーパターンを、深い細胞のレベルでアクセスして解放しているところなのです。これらの感情を表面化させて精妙な光の物質に変容することが重要です。現在起こっていることの観察者となることを学び、あなたに今明かされている事柄を愛情に満ちた忍耐と理解をもって客観的に見つめ、処理し、修正することが大切です。

*食生活が急激に変わるかもしれません。何を食べるにしても内なる導きにしたがってください。そして、何かを食べた後に体がどのように感じるかを確かめてください。あなたのボディーエレメンタル/内なる体の知性が覚醒しつつあります。あなたがその声に耳を傾ければ適切な食べ物へとあなたを導いてくれるはずです。常に覚えておいてください。すべてのことにおいて節度を守ることが鍵です。

*多くの奇妙な痛みや苦痛があって、それに対してはっきりとした処方がないというようなことがあるかもしれません。肉体には数多くの小さなチャクラやつぼを結ぶ経線があります。光の高い周波数が体全体を流れていく時、これらの重要なポイントで抵抗にあうことがあり、その時に不快感が生じます。このような苦痛が一番感じられる場所の一つは、背中の上部、肩甲骨の間の脊柱の部分です。

*まるで気が狂ってしまったかのように感じることがあるかもしれません。そこまでいかなくとも、記憶を喪失していると感じることがあるかもしれません。脳の内部には多次元のレベルがあり、周波数パターンが上昇するにつれて、脳の低いレベルも徐々に洗練されたものになっていきます。したがって、ネガティブな過去の出来事や脳に蓄積されている瑣末な事柄にアクセスする必要はなくなり、あるいは、アクセスすることができなくなります。その代わりに、あなたの神聖なマインドが居住するより高いレベルの脳にアクセスすることができるようになります。神聖なマインドと聖心の統合は、アセンションプロセスの不可欠の部分です。

愛する人たちよ、今というときに肉体という器に入っているというのは実にわくわくするような喜びではないでしょうか。しかし、あなた方の肉体の器は、あなた方が毎日、時々刻々、統合している、常に増大してやむことのない周波数についていこうとしてもがいています。何年もの間風邪をひくこともなくインフルエンザにかかったこともなく、内臓の働きも順調だった人たちが、衰弱した症状を体験し、中には、“私はなにか間違ったことをしているのだろうか?”と自問する人もいます。勇敢なる友よ、あなたは何も間違ったことはしていません。正しいことをしているためにこれらの不快な症状を体験しているのです。このような出来事は体験としては快適なものではないことは私たちも認めます。

しかしながら、真実のもう一つの側面を提示しますのでよかったら考えてみてください。再び繰り返すことになりますが、これらの変容のプロセス/アセンションのプロセスに深くのめり込んでいる人たちは、肉体の器の内部にある古いネガティブなパターンを素早く変容させるための一つの方法としてこれらの不快な症状を体験しているのです。それは砲火による変容、砲火による洗礼と呼んでもよいかもしれません。意識の高次で精妙なクリスタル状の細胞が体の内部に入ってそこに住むことを許すために、古い周波数パターンを焼却していると言ってもよいでしょう。すべてのウイルスが悪いわけではありません。それと同じように、あなた方が体験している不快な症状のすべてが悪いわけではありません。それらの症状は目的達成のための手段であって、高遠な目的に奉仕していると考えてみてください。大切な人たちよ、このようなこともやがて通過していきます。

あなた方がご自分のケアをされることを依頼します。これまでなかったほどに、ご自分の肉体の器に対して注意を払ってください。そして、あなた方の賢明なボディーエレメンタルが投影してくる合図やメッセージに注意を払ってください。あなたの大切な肉体の器が活力にあふれ健康な状態になければ、あなたが創出する愛と喜びと豊かさの美しい世界をどうやって楽しむことができるでしょうか。

愛する人たちよ、光のピラミッドの中で私たちと一緒になってください。そして、このプロセスを優雅に易々と、そして、大いなる喜びをもって通過できるように私たちに手伝わせてください。私たちの父にして母なる神の輝きがあなたの上に降り注がれ、あなたを永遠に続く生命の光で満たしますように。私たちはいつもあなたの傍にいて、あなたを導き、守っていることを知ってください。

私はアーキエンジェル・マイケルです

当ページへのリンクは自由にしてくださって結構です。
ただし、バナー以外の画像・文章などを利用・転用する場合は、 大内 博および作成者への事前連絡をお願いします。
© since 2008 Hiroshi Ouchi(大内 博). All rights reserved.