AAマイケルメッセージ 2010年12月

(ロナ・ハーマンを通して:翻訳:大内 博)

神性の火花は不滅であり永遠です

愛するマスターたちよ、あなた方の存在理由は意識をもった共同創造主になることであり、私たちの父にして母なる神があなたの存在に生命を与えている力であることを決して忘れないでください。あなた方は時間のまっすぐな流れ、直線的な時間の流れという概念を手放さなければなりません。この概念のためにあなた方の選択は制限され、過去によって影響を受けています。自らのマスターとなっている人は、円の法則、すなわち、無限のループ(水平の8の字)の内部で機能します。あなたの体の前面へと常に流れ出ていく無限のループは、神聖な可能性に満ちています。しかしながら、あなたの周囲にあるあなた個人の創造主の車輪の中の無限のループは、あなたのヴィジョンをサポートする調和のとれた周波数から成る思考形態をもっていなければなりません。聖心の中に存在の中心を置き、明確な思考と行動を維持すれば、あなたの願望/ヴィジョンは完璧な形で完璧な時に顕現するであろうことは保証されています。思い出してください。人間のスピリットが敗北することはあり得ません。なぜなら、それはの性質で構成されており、したがって破壊不可能だからです。あなた方一人一人に割り当てられている神性の火花は不滅であり永遠なのです。

あなたが今住んでいる世界はあなたのために計画された世界を反映するものではありません。あなたのDNAの中にはエーテルのタイムカプセルが貯蔵されていて、この中にあなたの過去世のすべてに関する記憶のエッセンスが貯蔵されています。あなたは何千回にもわたって自分自身を分離し分光してきました。しかしながら、あなたは自分自身の神性についての記憶の細胞を有しており、それらの細胞はあなたによってアクセスされ統合されることを待っているのです。これらの記憶の細胞があなたのライトボディーを作るための建築資材です。今というときは、あなたのボディーエレメンタルの意識に波長を合わせるべき時です。スピリチュアルな感受性を発達させるために内省の時をもたなければなりません。アセンションのプロセスと意識の拡大の中にますます深くはいっていくにつれて、常にあなたのマインドの状態をモニターしコントロールする習慣を身につけなければなりません。本能的な脳の世界とマインドの世界から、より高次なマインドの世界へと移行していくにつれて、過去の出来事に関するあなたの記憶の大部分は徐々に薄れていくでしょう。

長い時の流れの中で、人類は神の意識をとどめる代わりに感覚を意識するようになり、そのために、徐々に自己を表現する機会を失ってしまいました。ハイアーセルフに促される霊感や導きは、エゴの欲望体の促しによって徐々に取って代わられたのでした。人類が幻想にすぎない思考の集合的な意識の世界にはまって動けなくなったとき、原初の思考は過去のものとなったのでした。真実についてのあなた方の新線や概念は固定化され、枠組みにはめられ、多くの場合、歪められてしまいました。内なる導きとのつながりを徐々に失う中で、あなた方は外的な世界に心を集中するようになり、物事を開始する存在というよりも大体において物事に反応するだけの存在になってしまったのです。

不協和な3次元と4次元の周波数の環境で機能している人たちは、情報や知識を貯蔵するにあたって潜在意識と顕在意識に依存しています。情報を比較的上手に保持し取りだすことができる人もいますが、多くの場合、そのやり方は非効率的で、エネルギーが歪曲した形で行われる傾向があります。思い出してください。知識が叡智として保持されるためには、知識は適切かつ効果的な方法で統合され活用されなければなりません。チャクラは潜在意識としてのマインドのセンターです。当初、これらのセンターは完璧な調和を保ちながら働いていました。しかしながら、時がたつにつれて、二元性のスペクトルが徐々に強まり、かつ、一般的なものとなり、あなた方の波動パターンはより不協和なものになったのでした。チャクラシステムがバランスと調和のとれたものとなるにつれて、チャクラのパワーセンターは、体と主導権争いをする代わりに、体の最善のために体と一体になって働き始めるのです。

あなたが脳の最初の4つの内的な次元のレベルに存在する時、あなたは地上に縛り付けられた意識の状態にあります。あなたの焦点は、“自己”であり、あなたの個人的な関心や5つの外的な感覚機能、すなわち、視覚、聴覚、味覚、感情に向けられます。これはエゴの欲望体と個としての自己の世界ですが、それは、あなたの魂の意識の大部分が8番目のチャクラの中にあるソウルスターのなかに引きこもってしまったからです。ソウルスターは頭の真上、約25センチのところに位置しています。他人や外的な世界を非常に強烈で狭隘なマインドをもって見つめ、かたくなで自己保身的な意見をもっています。

変化を起こすためにはネガティブな習慣的反応の代わりにポジティブな選択を意識的にする必要があります。あなたを制限のエネルギーの中に縛り付けている停滞した古い思考形態を解放し除去するべく一生懸命に努力しなければなりません。あなた方の多くはオーリックフィールドの中にある不完全なもののバランスをとったり取り除いたりすることにおいて非常な進歩を遂げました。未来の新しい力となる青写真を創造するためには破壊的でゆがんだ思考パターンを除去することが絶対的に必要です。マインドを介して魂と脳の間のコミュニケーションのチャネルを開いておかなければなりません。これによって松果体をゆっくりと再活性化し、神聖なマインドのポータルを開くプロセスが開始されます。神聖なマインドの入口は脳の後部、頭のてっぺんに近い所に位置しています。

徐々にですが、3次元の比較的高い局面でバランスが半分は取れている場所、そして、4次元の下部局面に到達すると、自覚が拡大して他者を選ぶようになります。すなわち、あなたが受け容れている思考や存在のあり方に見合った人たちを選ぶようになります。他者を受け入れて愛するに当たっては条件があります。なぜなら、あなたの個人的なニーズや願望がまだ一番大切だからです。しかしながら、愛と共感の指数が拡大し始めて、あなたの現実像に合う人たちを含めるようになります。

あなたの意識の小さな声、ないしはあなたのの小さな声に耳を傾け始めます。しかし、その導きに常に従うとは限りません。あなたの根深い習慣の中には重荷になって来るものもあり、あなたはそれらの習慣を変えようとしたり、解放するプロセスを開始します。こうして、エゴとハイアーセルフの戦いが始まります。徐々に、エゴはの召使として二次的な位置を占めるようになっていきます。あなたの人格はゆっくりと変わり始めます。というのは、エゴがあなたの感情や欲望の衝動を支配することがなくなるからです。他者に対する見方も徐々に変わり始め、様々な状況をより高く幅の広い見地から見るようになります。アセンションとはマインドを拡大するプロセスで、一つの意識状態から別な意識状態へと通過していくプロセスのことです。あなたの意識は徐々に拡大して、すべての人類、地球、太陽系、高次の宇宙的な法則を視野に入れるようになります。心の中心はもはや小さな自分に止まることはありません。究極的な目標は、銀河系の存在になることであり、やがて、宇宙的な意識を達成することにあるのです。

4次元の後部局面、および、5次元の波動パターンの初期レベルを達成し維持できるようになると、あなたのソウルスターの中に住んでいるハイアーセルフの局面のの融合が開始されます。ハイアーセルフの魂があなたのハイアーセルフの一部のエッセンスを、聖心の中へと徐々に送りこんでくるようになります。この行為によって、三重の炎神聖な愛、神聖な叡智、神聖な意志/力)があなたのソーラー・パワーセンターの内部で点火されます。ソーラー・パワーセンターは心臓、胸腺、喉の部分一帯に及んでいます。このプロセスが完了すると、あなたの魂の我のその部分の属性、資質、美徳の統合が完了します。それから、あなたのエーテルの次のレベルのハイアーセルフソウルスターの中に住居を定め、あなたと融合する時を待ちます。このプロセスが何度も何度も繰り返されて、あなたは神聖な我のより偉大な局面と融合していきます。

人生の初期の段階であなたのハイアーセルフの促しに耳を傾け始めれば始めるほど、エゴや性格をコントロールすることが容易になります。何が正しく何が正しくないかについて内在的な理解をもっているあなたの魂の我は、あなたがそれに注意を払えばますます強くなっていきます。注意を払わなければ、徐々に静かになっていきます。魂の力が拡大するにつれて、感受性が増し、あなたの思考、願望、行動はより洗練され、愛情に満ちたものとなります。知性の、すなわち、理性のは叡智と理解をもたらします。なぜなら、それは精神的な性質に、形の世界を理解しマスターすることを可能にする燃料を提供するからです。

ゆるしとは、あなた自身と他者との間に創りだしたバランスを欠いた周波数パターンを、あなたが中心に戻る努力をする中で解放することを意味します。ゆるすということはネガティブな感情から自分自身を解放して、神聖な光のアダマンタイン粒子を継続して受け取ることができるようにすることです。思い出してください。あなたが聖心の中に引き入れる創造主の純粋なエッセンスは、無条件の愛の周波数を介して点火されなければならないのです。

二千年に及ぶ魚座の時代は4次元の感情的な性質とアストラル局面によって支配されていました。次の二千年、水瓶座の時代は、人類が徐々に4次元の最高レベルの局面及び5次元の中間レベルの周波数へと移行し、順応していく中で、霊性の科学と精神的な性質に焦点を合わせることになります。あなた方スターシードが先導者となって、人類は徐々に新しく拡大された意識に適応し、それはやがて当り前のものとなるでしょう。アセンションの道を歩むものは、アストラル局面の亜局面を通過して、感情体/アストラル体と低次元の性質を抑制することを学ばなければなりません。そうすることによって、3つの低次元のチャクラのバランスをはかり、ルートチャクラに貯蔵されているクンダリニの神聖な火を活性化するのです。

将来においては、マスターのオーラ、傑出した光の存在のオーラ、まれには、大天使のオーラの中で生活することが普通になるでしょう。アセンションの道の探求者であるあなた方は、物質世界とスピリットの世界の間に橋を架けているのです。あなた方は真実の探求において勤勉でなければなりません。そして、マスターの仲間入りをしたいのであれば、奉仕したいという強烈な願望と意欲をもたなければなりません。あなた方は今、電磁波の光の流れの高い周波数に適応するプロセスの中にいます。魂の我は、あなたが宇宙の法則を意識的に自覚し、そうすることによって、に与えられた創造的な能力を100パーセント活用するようにと激励しています。顕現のすべての局面は内的に始まり、いかなる概念や抽象的な考えも誕生するためには抱卵の時を体験しなければなりません。そしてはじめて、形の世界において現実となるのです。

あなたは他の人たちにあげてしまった自分の力を取り戻さなければなりません。同時に、他の人たちがあなたのオーリックフィールドに置いたエネルギー、あるいは、あなたの太陽叢に賦与したエネルギーを意識的に解放することは、バランスと調和のとれたプロセスに戻るにあたっての第一の段階です。こうすることは、繰り返しますが、自分自身のマスターとなるために必要なことです。高次の意識に至る道を歩んでいけば、やがて、あなたの神の我を直接的に体験し、創造主の荘厳なる輝きをその数ある形の一つにおいて体験することになります。

私たちが再び一緒になるまでの間に、参考になる考えを次にいくつか記してみましょう。

知識の光の周波数は叡智の光になる。
知識=個性の光
叡智=魂の光
直感=ハートの光

あなたはすべて存在の源を否定するかもしれません。しかし、私たちの父にして母なる神があなたを否定することは決してありません。

思い出してください。あなたがあることは真実であると思っても、あなたがそう思うことによってそれが真実になることはありません。

孤独は幻想にすぎません。心の内面に向かえば、心の中に愛情に満ちた友を見つけることができるでしょう。

神の光のホワイトゴールドの球にあって守られることが極めて重要です。薗光の球の中にいればあなたは安全であり、インスピレーションを与えられ、導きを得ることができます。

あなたの意図のエネルギーによって呼吸に力を与えます。あなたの神聖な呼吸と意図はあなたのヴィジョンに燃料を与えます。

人間のスピリットが敗北することはあり得ません。なぜなら、それは“欠意味の光”によって構成されており、したがって、破壊不可能だからです。

あなた自身の太陽性をわがものとして獲得するためには、あなた自身の光のセンターを築かなければなりません。
太陽性のトライアド
あなたのダイヤモンドのコアの神の細胞
あなたの魂の輝き
あなたの聖心の光
これらの三者があなたのオーリックフィールドの光の輝きを創出します。

再び強調しますが、訓練を受けた献身的な世界の奉仕者が今、緊急に必要とされています。通過儀礼は、今は個人的な達成ではなく、グループのイベントとして起こっています。あなた方はあなたの後ろに従って来る人たちに何らかの形で援助の手を差し伸べる気持ちを抱かなければなりません。そうすることによって、あなた方が上昇し、人類全体が上昇するのです。再び一つになることを求めているのは、あなたの個性ではなく、あなたの魂です。

我が勇敢な者たちよ、人生の今という段階におけるあなた方の第一の焦点は、未来において体験したいと願っている意識の劇的な拡大であり、今現在進行中の世界の諸変化であることを心に銘記してください。瞬間、瞬間において心を満たして注意を払い、心の焦点が一点に集中して明確であるようにしてください。なぜなら、あなた方は今、 明日の新しい世界を創造しているのです、一度に一つの思いを抱くことによって明日を創造しているのです。私たちはいつもあなた方の傍にいて、あなた方を導き,方向を示していることを思い出してください。

私はアーキエンジェル・マイケルです

当ページへのリンクは自由にしてくださって結構です。
ただし、バナー以外の画像・文章などを利用・転用する場合は、 大内 博および作成者への事前連絡をお願いします。
© since 2008 Hiroshi Ouchi(大内 博). All rights reserved.