ハバヤマボクチ(キク科)

 日当りのよいやや乾燥した草原などに見られる多年生草本植物。つぼみや咲き初めの状態をドライフラワーとして利用できる。和名は葉の幅が広く、裏の毛を火口(ほくち)に用いたため。富士山北麓では同属のオヤマボクチを見ない。

ハバヤマボクチの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ