ヤクシソウ(キク科)


 日当りのよい乾燥した場所などに見られる二年生草本植物。富士山北麓では最も遅くまで咲いている野花の一つ。傷をつけると乳液が出てくる。その乳液はとても苦い。若い葉は茹でた後、晒して食用にする。

ヤクシソウの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ