キンポウゲ(キンポウゲ科)


 日当たりのよい道ばたや畑の縁などに見られる多年生草本植物。直接食べることはないが、都会の方はゲンノショウコの芽生えと間違って採取することもあるとか。誤食すると腹痛や下痢、嘔吐などの中毒症状が現れる。また汁液が皮膚に付着すると皮膚の弱い方は赤く腫れ上がったり、水泡ができることもある。北麓にはその他、タガラシキツネノボタンなども自生している。

キンポウゲの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ