クサノオウ(ケシ科)


日当たりのよいところに見られる多年生草本植物。折ると黄色い汁液が出てくる。昔から胃の痛みによいということで煎じて飲む人もいるが、多量に用いると嘔吐や下痢、手足のしびれなどの中毒症状が現れる。北麓にはその他、ヤマブキソウタケニグサも自生している。

クサノオウの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ