アツモリソウ(ラン科)


 かつては明るい草原などによく見ることができた。しかし現在ではほとんど見ることができなくなったどころか、絶滅が心配されているほど減少している。アツモリソウは「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」に指定されている。以前、神奈川県在住の男性がたった一株を盗掘したため、書類送検された事件があった。 北麓には同じ仲間のクマガイソウも見られるが,とても少なくなってきた。


アツモリソウの花


質問・ご意見など気軽にどうぞ