マンサク(マンサク科)


 春の訪れを告げる代表的な落葉潅木。富士山側より周囲の御坂山塊の日当りの悪い斜面などに見られる。黄色い4枚の花弁をよく観察するとまるで紐のようにねじれている。和名は葉に先だってまず咲く説と枝一杯に咲く年は豊年満作になる説などがある。時々庭先に花弁が長く、開花するまで枯れ葉がついているシナマンサクが栽培されている。


マンサクの花


質問・ご意見など気軽にどうぞ