ツノハシバミ(カバノキ科)


 日当りのよい雑木林や林縁などに見られる落葉潅木。周囲の木々がまだ冬の眠りから覚めない早春に褐色の尾状の花穂を垂れ下げる。この花穂は雄花。雌花はとても小さく赤紅色をしているが、花弁ではなく花柱。秋になると総ほうに包まれ角状となる。中にはドングリに似た果実があり食べられる。
ツノハシバミの雄花

ツノハシバミの雌花

ツノハシバミの実



質問・ご意見など気軽にどうぞ