ウワミズザクラ(バラ科)


 雑木林に多い落葉高木。富士吉田市の通称、蓮池(明見湖)近くには、市の天然記念物に指定されている大木がある。サクラの仲間なのに花序は房状になっている。枝を少し折ると不快臭があるが、若い果実を塩漬けにして暫く置くと桜茶と同じ芳香が生じてくる。味は野趣豊かだぞ。北麓にはよく似ているイヌザクラもあるが、こちらは花が付く小枝に葉がないので簡単に区別できる。ウワミズザクラは5月の連休ごろから、イヌザクラは下旬ごろから咲き出す。

ウワミズザクラの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ