ヤマエンゴサク(ケシ科)


 やや湿り気のある落葉樹の林床などにみられる多年生草本植物。少しスミレの花の形に似ているが、ケシ科である。淡いブルーの小さな花は春の妖精といった感じがする。薬用に用いられるが、少し作用が強いので素人は用いないほうが無難。富士山の西側の静岡県境にはジロボウエンゴサクも分布しているが少ない。またこのコーナーで紹介されているミヤマキケマンと同じ仲間。

ヤマエンゴサクの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ