アヤメ(アヤメ科)


 明るい乾燥した草原に多い多年生草本植物。花の形がおもしろい。最も大きく花弁のように見えるのは萼、本来の花弁は垂直に立っている。その間から出ているのは雄しべの柱頭だ。ともに3枚で構成されている。ノハナショウブと間違えられるが、富士北麓には比較的少なく、独特な編み目模様がないので区別できる。

アヤメの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ