ボタンヅル(キンポウゲ科)


 日当たりの良い林縁などに見られるつる性草本植物。和名は葉の形がボタンに似ているため。花弁はなく、白く花弁のように見えるのは萼。木などによじ登る方法が少し変わっている。葉柄がまるでつるのように枝に絡み付いてよじ登っていく。北麓には似た仲間のセンニンソウもみられる。

ボタンヅルの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ