コガマ(ガマ科)


 放置水田などに見られる多年生草本植物。特に忍野村に多い。富士山北麓にはガマヒメガマも見られるが、コガマが圧倒的に多い。ガマやヒメガマと比べすべてが小さくい。花の咲く時期はガマが最も早く、次いでヒメガマ、コガマと続く。穂の上部は雄花群、雌花群は下にある。ウインナーソーセージに見える部分は綿毛と種子が集まっている部分だ。花粉は黄色く、因幡の白兎も用いたと言い伝えられている止血剤。

コガマの花
コガマの穂

質問・ご意見など気軽にどうぞ