オオマツヨイグサ(アカバナ科)

 暑かった日中もこの黄色い花が咲く夕方になると,見ているだけで少しは涼しくなる。太宰治が「富士山にはツキミソウがよくにあう」と詠んだツキミソウとは本種である。ツキミソウは花の色が白く,別種。庭などで見ることがあっても野性化していない。北麓にはオオマツヨイグサに似ているが花弁が小さく,雌しべと雄しべの同長のメマツヨイグサも多い。その他,庭先にはマツヨイグサヒルザキツキミソウが栽培されている。

オオマツヨイグサの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ