ミヤマシャジン(キキョウ科)


 本州の中北部山岳地帯の高山帯に分布し、山梨県では富士山、南アルプス、八ヶ岳などに生育しています。ヒメシャジンととてもよく似ていますが、萼に鋸歯がなく全縁です。また雌しべの先端が花冠から出ているので区別できます。両種はよく混生しています。撮影地は南アルプス甲斐駒ヶ岳駒津嶺。

ミヤマシャジンの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ