ドクダミ(ドクダミ科)


 人家の周囲で見ることのできる多年生草本植物。開花期の全草を十薬、重薬(じゅうやく)といい、便秘、尿量減少、便秘に伴う吹出物に効果がある。特有の臭いがあるので嫌われるが、この臭いの基は抗菌作用がとても強く、昔からおできや皮膚のただれなどに使われている。花弁のように見える四枚の白い付属体は総苞。本来の花はとても小さく、花弁はない。

ドクダミの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ