ヒナタイノコズチ(ヒユ科)


 日当たりのよい林縁や道端に普通に見られる多年生草本植物。根を牛膝(ごしつ)といい、利尿薬として用いる。本植物には昆虫が変態する時のホルモンが含まれていることが発見され、自然界の不思議な一面が感じられる。日当たりの悪いところに自生するイノコズチは薬用に用いない。


ヒナタイノコズチの実

質問・ご意見など気軽にどうぞ