カワラケツメイ(マメ科)


 日当たりのよい原野に見られる一年生草本植物。果実が成熟しかかった状態の全草を山扁豆(さんぺんず)といい、利尿薬や緩下薬として用いる。葉の基部には葉枕(ようちん)と呼ぶ付属体があり、夜になると葉はその部分から折れる睡眠運動をする。


カワラケツメイの実

質問・ご意見など気軽にどうぞ