キキョウ(キキョウ科)


 以前は富士山北麓の草原ではどこでも見ることができたが、最近はとても少なくなってしまい、絶滅が心配される種になってしまった。後150年で自然の状態では絶滅してしまうと試算されている。見つけてもそっとしておこう。根を桔梗根(ききょうこん)といい、去痰や鎮咳の効果があり、最近では喉飴にも使われている。秋の七草のアサガオはキキョウのこと。


キキョウの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ