コブシ(モクレン科)



 北麓の山野に普通に見られる落葉高木。白い花の開花は地元では農作業の目安となっている。つぼみを辛夷(しんい)といい、鎮静、鎮痛、排膿の効果があり、蓄膿症の薬にも配合されている。まだつぼみの頃、よく観察すると陽の当たる側がふくらみ、、先端部分は北側を向いているのでコンパスプラントとも呼ぶ。


コブシの花

コブシのつぼみ

コブシの実

質問・ご意見など気軽にどうぞ