クロウメモドキ(クロウメモドキ科)


 比較的明るい林床などに見られる落葉潅木。果実を鼠李子(そりし)といい、採取してから1年以上経過したものを緩下薬として用いる。枝の先端は鋭い刺状になっているので、採取の時には要注意。雌雄異株なので雌株を探そう。北麓に自生しているクロツバラも同様に用いる。


クロウメモドキの実

質問・ご意見など気軽にどうぞ