ムラサキ(ムラサキ科)


 日当たりのよい草原に希に見ることのできる多年生草本植物。絶滅が心配されている植物なので採取は厳禁。根が紫色だが、花は小さく白色。根を紫根(しこん)といい、やけどなどに効果のある紫雲膏に配合されている。江戸紫(海苔の佃煮ではない)は本種の根で染めたもの。最近,ヨーロッパ原産で根が白いセイヨウムラサキを庭先で見かけることもある。とても似ているが,花が小さくやや黄色身を帯びているので区別できる。


ムラサキの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ