ウスバサイシン(ウマノスズクサ科)


 北斜面の林床に見られるが、北麓では観察する機会が比較的少ない多年生草本植物。春の訪れとともに落ち葉をかきわけるようにハートの形をした2枚の葉を出す。その間から壷状の変わった花を付ける。地下茎や根を細辛(さいしん)といい、鎮静、鎮痛、解熱の効果がある。北麓には似たようなフタバアオイもあるが、薬用には用いられない。葉はご存じ徳川家の家紋になっている

ウスバサイシンの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ