ウツボグサ(シソ科)


 北麓のやや草丈の低い草原に見られる多年生草本植物。花穂を夏枯草(かごそう)といい、利尿薬として身体のむくみや排尿しにくい状態の時に効果がある。生薬名の夏枯草は夏に花穂が枯れてしまうことから名付けられた。花冠の基部をなめるとまろやかな甘さを感じる。


ウツボグサの花

質問・ご意見など気軽にどうぞ