「モンテラックの日記」を今日(2002年10月27日)から始めました。富士山の画像の更新とコメントを残しておくページです。もっと早くこれに気づけばよかったといつも悔やんでおります。
撮影場所は主にガルニ・モンテラック31号室、やぐら。そのほか山歩きの画像など。
富士山

  16:23 February 11 2006

ダイアモンド富士です。例年この時期は屋根に雪がたくさんあって登れないのですが、今年は雪がほとんどなく屋根の上から撮影しました。普通のダイアモンドもちょっとあきたので、カメラにサングラスをかけて撮影してみました。ちょっと遊んじゃいました。じゃま光がなくなって、すっきりしたダイアモンド富士が撮影できました。サングラス付きのダイアモンド富士はこちらをクリックしてください。

富士山

  13:40 February 9 2006

今朝も思いっきり冷え込みました。マイナス13度。かなり寒く感じられます。この画像は昨日湖畔で撮影したものですが、湖の氷が強い南風で割れて、岸に押しつけられ、厚さ20センチほどの氷が折り重なっていました。氷の断面はかなり透き通っていて、この冬の厳しさの象徴のように見えました。大きな画像はこちらをクリックしてください。

富士山

  13:23 February 3 2006

先週末は溶けた氷がまたこおり、氷上の人出はなかなかすごいものがありました。そのご2月1日は一日中、土砂降りで湖の氷は溶けてしまいました。寒暖の差がだんだん激しくなってきました。今日は節分、気持ちはすでに春になってきました。今朝の湖の氷の状況はこちらをクリックしてください。

富士山

  9:16 January 25 2006

今朝もぐっと冷え込みました。最低温度マイナス10度(モンテラックで)とまずまずの冷え込みです。湖の氷は残念ながら日に日に勢いがなくなっているように見えます。ワカサギの穴釣りを期待しているのですが、ちょっと難しいかもしれません。日中が小春日和状態で日光浴には最高の天気ですから、しょうがないという感じです。今朝も富士山はキレイです。

富士山

  9:31 January 24 2006

昨日の冷たくて強い北西の風はおさまり、穏やかな朝となりました。今朝は雲一つない日本晴れの富士山です。気温は相変わらず低く、モンテラックでマイナス8度と冷え込んでいます。しかし、太陽の光はとても暖かくて、柔らかい春の日差しです。この柔らかい日差しで日光浴すると本当に気持ちがいいです。ご一緒にいかがですか?
今朝の春の日差しの富士山はこちらをクリックしてください。

富士山

  8:24 January 23 2006

今朝の日本列島は強い冬型の気圧配置となり、モンテラックの最低気温はマイナス8度(気象台発表はさらに3度下回ります)、北風が強く吹いています。富士山の山頂からは銭湯の煙突の煙のように、雲がたなびいています。まさに「凛」とした大気が気持ちのいい山中湖の朝です。けさの煙たなびく富士山はこちらをクリックしてください。

紅富士

6:52 January 22 2006

昨日は久しぶりに一日中、雪が降り続きました。ちょうど1週間前は土砂降りの雨。なんとも訳のわからん天気です。しかし、今朝はちょっと早起きして「紅富士(べにふじ)」を撮影しました。さらに、久しぶりの雪に少々わくわくして湖まで行って撮影してきてしまいました。日本海側の皆さんには申し訳ありませんが、たまに降る雪はいいなあ。今朝の大きな紅富士はこちらをクリックしてください。

1月8日

9:06 January 15 2006

昨日は一日中土砂降りでした。4,5年前にも同じ時期に大雨が降った記憶があります。会津の安達太良に山スキーに行き、くろがね小屋にとまり、翌朝下山のため滑り始めましたが、そのときの大雨で雪がとけ、これが凍ってスケートリンク状態を滑り降りてきました。なかなかのスリルでした。せっかく湖の氷もかなりとけてしまいました。双六ではありませんが、またふりだしからです。富士山には大雨の代わりに、雪が積もりました。今朝の富士山はこちらをクリックしてください。