River's Edge
Fly fishing shop in Oshino
TEL & FAX 0555-84-4833

○釣り馬鹿大将のブログ


ブログ

○DVD好評発売中!!


フライの鉄人 Dry Fly Trickcast

○忍野年券取扱所

一日券・大人(高校生以上)\800.-
年間券・\4,000.-

※中学生、女性、70才以上は半額
※子供(小学生以下)は無料

※現場売り一日券は\1,200.-ですので事前のご購入をお勧めいたします。
※年券は数に限りがありますので予めご了承下さい。

○取扱メーカー


潟eィムコ 海&F FLUX KINEYA review SCOTT Islander Marverick SIMMS
■■■ ■■■ ■■■ ■■■

渡辺訓正プロフィール

生年月日:1957年8月

出 身 地:静岡県富士宮市

釣  歴:
1972年高校時代の友人の影響で釣りが趣味になる。

1979年までは渓流・へら・磯・ルアーなどを広く浅く行っていましたが、 以後フライフィッシング一筋の時代が続く。 近年は船つり(タイ・ヒラメ・カワハギ・キス・ほか)や小物釣などにも手を染める。 フライフィッシング初期は芦ノ湖や本栖湖などの湖が多かった(釣れなかったが本栖湖の モンスターブラウンには熱くなった) 渓流でもフライを振り始めるがえさ釣り時代の性か、 人よりも上流へ上流へ向かい藪の中でフライを振ることが多かった。

1988年ごろに師匠、森村氏に出会い釣りスタイルがガラリと変わる。以後釣りバカ人生まっしぐら。

1999年3月には忍野のほとりにリバーズ・エッジを開く。

特  技:料理(ローストビーフやシチューなど、元コック)・ボウリング

私の死亡記事

20XX年X月X日

地球防衛隊橋(昔は自衛隊橋と呼ばれていた)下流の鐘ヶ淵の堰堤に一人の老人の水死体が上がる。

この老人は忍野桂川の川岸に長年すんでいる渡辺訓正さん(XX才)で、近くには彼の愛用する フライロッドと 一匹の大きなマスの死体が浮かんでいた。

渡辺訓正さんは数年前から、親しい友人に忍野に巨大なマスが居ると話しており (周りの友人はこの話を誰も信じていなかった)そのマスとの死闘のすえ、 力尽き川に引きずり込まれてしまったのではないかと推測される。

この日は朝から冷え込みが厳しく、朝雲の裂け目から弱い日光が所々に射している、 暗い朝の川の中に渡辺さんは浮かんでいた。その姿はあたかも川の中で眠るように穏やかであった・・・

フライフィッシング・ショップ リバーズ・エッジ
〒401-0511---山梨県南都留郡忍野村忍草3265-5
TEL & FAX 0555-84-4833
E-mail :redge@mfi.or.jp
Copyright (C) 2005 River's Edge in Oshino, All rights reserved.