胎内樹型には胎内神社から入る
胎内樹型には胎内神社から入る

溶岩樹型とは
 溶岩樹型は、富士山から流れてきた溶岩が樹木を囲んだまま固まり、木が鋳型として溶岩流の中に残ったものをいいます。縦型や横型、流木型など様々なタイプが見られますが、船津胎内樹型は横倒しになった複数本がつながってできた複合型で、規模や形状などから見て大変に貴重な溶岩樹型です。なお、周辺には大小100を超える溶岩樹型が点在しています。
船津胎内樹型の見どころ

人がやっと通れる太さの所もある
人がやっと通れる太さの所もある

天井には交差している細い樹型がある
天井には交差している細い樹型がある

 河口湖フィールドセンターの敷地内にある船津胎内神社の中に入口があります。洞穴の側壁は肋骨状、天井は鍾乳石状になっていたり、流れ込んだ溶岩がうねったり奇妙なしわ模様をつくったりしていて、まるで人の胎内のようです。全長約70m、長いもので約20mの樹型が複数本組み合わさり、一帯で一番大規模な溶岩樹型です。

公開時間

溶岩が流れ込んで内臓の様に見える
溶岩が流れ込んで内臓の様に見える

表面に細かなしわ模様がある
表面に細かなしわ模様がある

 月曜日を除く毎日
 (ただし、祝日は公開/6~8月は無休)
 9:00~17:00

拝観料
 小・中学生…100円
 高校生以上…200円