まの項

TOPに戻ります!

ま!の項。 
[敵国語]【ミサイル】〔〕

[日本語]【噴進弾】〔ふんしんだん〕《》

〔解説〕
推進装置付の誘導弾の事
陸軍軍令部に依る秘匿名マルニ金物(対空攻撃用兵器)皇紀二千六百四年(昭和十九年)に開発が始まった・
噴進弾は最初のものは神奈川県辻堂演習場で実験され成功を収めている
「噴竜」や「六十サンチ試製重噴進弾」などがある
 

〔隊長談〕

その他トマホークミサイルのような空対地誘導弾も開発されていた
「川崎イ号一型乙」「三菱イ号一型甲」などがある
川崎キ−102乙襲撃機(試作)に依り懸吊されたイ号機は目標より約一キロメートル
手前で離脱し、自力のロケット特呂二号(推力240kg)を噴かして加速、母機の無線誘導で目標に導く

[訂正とおわび]
噴進弾奮進弾になっており「とおりすがり様」から有り難いご指摘をいただきました

 ここに訂正して、謝った情報を流した事を深く反省をすると共に、日本国民の皆様にお詫び申し上げます

 
 皇紀二千六百六十五年十月吉日


[敵国語]【マッチ】[]

[日本語]【燐寸】〔〕又は〔〕《》

〔解説〕

出典: フリー百科事典『ウィキペディアより参照

燐寸は火をつけるための道具の一つである。木や紙などでできた細く短い軸の先端に、発火性のある混合物(頭薬)をつけた形状をしている。燐の燃えやすい性質を利用している。19世紀半ばには側面に赤燐を使用し、発火部の頭薬に塩素酸カリウムを用い、頭薬を側薬(横薬とも)にこすりつけないと発火しない安全燐寸が登場した。



[敵国語]【】[]

[日本語]【】〔〕又は〔〕《》



[敵国語]【】[]

[日本語]【】〔〕又は〔〕《》

〔同義語〕【】

〔解説〕



[敵国語]【】[]

[日本語]【】〔〕《》

〔解説〕



[敵国語]【】[]

[日本語]【】〔〕又は〔〕《》

〔解説〕



[]【.】[]

[]【】〔〕又は〔〕《》

〔解説〕


[]【】[]

〔〕

〔解説〕


[]【】[]

〔解説〕


恵まれない隊長に送金できます
口座番号 送金金額